【Illustrator】塗りつぶしのテクニック:作業効率が上がる方法からできないときの対処法まで解説

Illustratorの塗りつぶしでよく使う方法から作業効率が上がる方法、できないときの対処法まで解説していきます。

イラストレーターで塗りつぶしをする7つの方法

塗りつぶす方法

イラストレーターでオブジェクトに塗りつぶしをする方法を全てご紹介していきます。気に入ったやり方で実践してみてください。

【Illustrator】ツールバーの使い方まとめ:名称と機能、ショートカットまで全て解説

アピアランスパネルで塗りつぶし

スウォッチパネルを一番早く開ける

アピアランスパネル

オブジェクトの塗りつぶしにほとんどの人が使用しているアピアランスパネルの塗りや線。理由としては、アートボードと並行上にあるので物理的に一番自然なカーソルの左右の動きで塗りつぶしをすることができるからです。

コントロールパネルで塗りつぶし

スウォッチパネル、カラーパネル両方1クリックで開ける

コントロールパネルで塗りつぶし

個人的にはアピアランスパネルよりもこちらのコントロールパネルの方が使いやすくておすすめ。理由としては、クリックするとスウォッチパネルが開かれShiftを押しながらクリックするとカラーパネルが表示されます。

コントロールパネルのShiftの有無

ここはアピアランスパネルにはないスムーズで直感的にカラーを指定できる魅力だよ
【Illustrator】画面の見方と名称:それぞれのパーツの使い方や特徴をどこよりも分かりやすく紹介

ツールバーで塗りつぶし

クリックせずにカラーパネルとグラデーションパネルが開ける

ツールバーのカラーパネル

を押すだけでカラーパネルをクリックしないで一瞬で開くことができます。

ツールバーで用意されているカラースケール

用意されているカラースケールはグレースケール・RGB・HSB・CMYK・WebセーフRGBになっています。チェックを入れておくと次開いたときにしっかり記憶していてくれますよ。

はグラデーションでカラーパネルと同様にグラデーションパネルを開きオブジェクトに適用することができます。

グラデーションパネル【Illustrator】世界一わかりやすいグラデーションの使い方まとめ 【フリー素材/100種類以上】イラストレーターのスウォッチに登録すべきグラデーション

ライブペイントで塗りつぶし

複数のオブジェクトに対して重なりを考えずに塗りつぶせる

ライブペイントあり・なし比較

上級者になればなるほどおすすめしたい塗りつぶしがライブペイント。複数の重なりあう図形で色分けしたいときや重なり順で色分けが難しいときなどに使える機能で重なり関係なく色を反映させるようになります。

ライブペイントの具体的な使い方は下の記事に詳しくまとめたよ

【Illustrator】ライブペイントツールの使い方:できない時の対処法まで全て解説

パターンで塗りつぶし

特殊な柄に変わる

普通の色とは少し違うパターンで塗りつぶすことで自分の作ったパターンをそのままオブジェクトに適用させることができます。

【Illustrator】パターンとは?作り方・編集方法から登録までどこよりも分かりやすく解説

スポイトツールで塗りつぶし

イラレ上にある好きな塗り・線に変身

スポイトツールで塗りつぶし

ショートカット:Iのスポイトツールですが選択しているオブジェクトの塗り・線の状態をクリックしたものと同じにしてくれるツールです。『あの色なんだっけなぁ』『感覚で選んだ色だから再現できない』そんなときにポチッとクリックするだけでOKの便利なツール。

グラデーションで塗りつぶし

オブジェクトの質感を変えたいときに有効

グラデーションで塗りつぶし

ライブペイントの具体的な使い方は下の記事に詳しくまとめたよ

【Illustrator】世界一わかりやすいグラデーションの使い方まとめ

塗りつぶしができないときの対処法

塗りつぶしができない原因と対処法について考えられることを全て挙げていきます。

アウトライン表示になっている

プレビュー表示とアウトライン表示の比較

通常はプレビュー表示ですが、(Command)+Yでアウトライン表示にすることができます。よくあるのが間違えて押してしまっていることに気付かずアウトラインのまま塗りつぶしが出来ていないと慌ててしまうことです。

アウトラインはオブジェクトの輪郭を示すものだからカラーはなく白黒になるよ
【Illustrator】アウトラインとは?初心者でも分かるように優しく解説

そもそも色指定がされていない

色指定なし

一応チェックしましょう。塗りつぶしができてない原因の1つに色指定されていないことがあります。

ちなみにアピアランスパネルでもコントロールパネルでもツールバーは全て塗り・線は統一されているからどれでも大丈夫!

間違えて透明ボタンを押している

ツールバーの色指定なし

ツールバーの中にある透明は、ショートカットで/になっています。意外と押してしまいそうな場所にあるショートカットなので、もしかしたら間違えて押してしまって塗りつぶしがない状態になっているかもしれません。

不透明度が0%になっている

不透明度0%

不透明度(透明じゃない度)が0%になっているということは透明なので塗りつぶしがない状態になってしまいます。

オブジェクトの選択範囲に制限がかかっている

メニューバー>IllustratorCC>環境設定>選択範囲・アンカー表示の中にあるオブジェクトの選択範囲をパスに制限という項目にチェックが入っていると、塗り部分が選択できなく、パスのみしか選ぶことができなくなってしまいます。

普通に使っていればここをいじることがないと思うんですが、心当たりのある人はチェックしてみてください。

作業背景を好きな色に塗りつぶす方法

アートボードサイズの長方形

結論からいうと、アートボードそのものの色を変える方法はありません。ただアートボードは画用紙のような目安にしか過ぎないので自分でアートボードに沿ってレイヤーを固定すれば作業背景を好きな色にして塗りつぶすことができます。

【Illustrator】レイヤーとは?使い方から便利な活用方法まで徹底解説

塗りつぶしを使った上級者でも知らないテクニック

画像トレースした画像に色を塗る

STEP.1
画像を用意
画像を用意
STEP.2
画像トレース
画像トレース

メニュー>オブジェクト>画像トレース>作成で画像をトレースしていきます。プリセットは白黒ロゴで設定します。

画像トレースについて詳しくわからない人はこちらの記事を参考にしてください。

STEP.3
拡張してパスに変換

画像トレースしたオブジェクトを拡張することでオブジェクトにしていきます。

STEP.4
ライブペイントツールで1つ1つ画像に色をつけていく

そしたらライブペイントを使って1つ1つ色をつけていきます。

ライブペイントについて詳しくわからない人はこちらの記事を参考にしてください。

MEMO
隙間オプションパネル

詳しくpdfで確認する

今回の写真はかなり細かく色をつけるのが大変でしたが、隙間オプションパネルで隙間の対処をすることでオブジェクトに思い通りの色をつけることができます。
【Illustrator】ライブペイントツールの使い方:できない時の対処法まで全て解説 【Illustrator】画像トレースとは?写真を一瞬でイラストにしてしまう魔法の機能

複数のオブジェクトにまとめてグラデーションで塗りつぶす

個々のグラデーションと全体のグラデーションを比較

詳しい方法は下の記事に載っているので参考にしてください。

【Illustrator】複数のオブジェクト全体でグラデーションをかける方法:図形と文字、写真で解説

まとめ

イラストレーターの塗りつぶし方法からできないときの対処法、上級者向けのテクニックまで解説しました。

塗りつぶしはイラストにはなくてはならないものですが、意外と知らないことがたくさんあったのではないでしょうか?

コメントを残す