【Illustrator】画面の見方と名称:それぞれのパーツの使い方や特徴をどこよりも分かりやすく紹介

初めてIllustratorを使うとき・・・初期画面を見ても、何がなんだかさっぱり分からなくて困っている人もたくさんいるはずです。 そんな困っている人のために0から誰でも分かるように詳しく分かりやすく解説していきます。

大きく分けて5つの機能

  • ツールバー
  • アードボード
  • パネル
  • コントロールパネル
  • メニューバー

①ツールバーの使い方と役割

一言でいうと?

色々な機能が使えるツールがまとまった棒

ツールバーはその名の通り・・・オブジェクトやテキスト、写真などを編集・加工するときに使うツールがまとまっている棒でイラストはほとんどここの機能を使って作られています。

簡単にいうと色々な機能がアイコンのになって1つにまとまっているって感じ!
ツールバーにある全ての機能とショートカットをPDFファイルにまとめているので、ぜひ保存して活用してください。


Illustrator ツールバー一覧表


またツールバーには”基本”と”詳細設定”の2つがあるんですが、メニューバー>ウインドウ>ツールばーから変更することができます。

基本と詳細設定の違い

このツールバーをいじることで作業効率が上がり、時間のかかる作品であればあるほど時間短縮につながります。

【Illustrator】ツールバーの使い方まとめ:名称と機能、ショートカットまで全て解説


上の記事にツールバーで使える全てのツールの機能と役割が書かれているので、分からない機能がある場合は参考にしてください。


メニューバーによくあるQ&A

ツールバーが消えたんだけど?

メニューバー>ウインドウ>ツールバーで基本か詳細設定を選ぶと表示されるよ!

【Illustrator】ツールが消えた時に表示させる方法と削除する方法

ツールバーって自分でカスタムできるの?

メニューバー>ウインドウ>ツールバー>新しいツールバーでカスタムできる!


新しいツールバーを選択してから、上のように名前を設定します。 そして”・・・”をクリックしてツールバーに入れたいツールをドラッグするだけで自分だけのツールバーの完成です。

②アートボードの使い方と役割

一言でいうと?

画用紙

Illustratorではアートボードといいますが、美術でいう紙や画用紙と同じです。 スケッチする紙がないとイラストを描けないようにIllustratorでも紙と同じ機能のアートボードを設置して書きます。 ち並みにアートボードは一度に複数設定することができて1つのファイルに100個のアートボードを設定することができます。 新規ドキュメントを開くときに詳細設定をクリックしアートボードの数を設定すると・・・ このように好きな数のアートボードを設置することができます。

③パネルの使い方と役割

一言でいうと?

色や大きさなどオブジェクトに対しての効果を与えるオプション

パネルはその時々出てくるものが違くて・・・

  • スウォッチパネル
  • カラーガイドパネル
  • カラーパネル
  • グラデーションパネル
  • 線パネル
  • 透明パネル
  • シンボルパネル
  • グラフィックスタイルパネル
  • 変形パネル
  • 整列パネル
  • パスファインダーパネル
  • リンクパネル
  • レイヤーパネル
  • 分版プレビューパネル
  • 情報パネル
  • ナビゲーターパネル
  • 分割・統合プレビューパネル
  • ドキュメント情報パネル
  • アピアランスパネル
  • アートボードパネル
  • 文字パネル
  • 段落パネル
  • OpenTypeパネル
  • 文字スタイルパネル
  • 段落スタイルパネル
  • 字形パネル
  • Flashテキストパネル
  • タブパネル
  • SVGインタラクティビティパネル
  • CSSプロパティパネル
  • アクションパネル
  • 変数パネル
  • 属性パネル
  • ライブラリパネル
  • 自動選択パネル
  • 画像トレースパネル
  • パターンオプションパネル
とたくさんの種類があります。 PDFに全てのパネルの名称と役割をまとめました。 Illustratorのパネル一覧と役割
パネルは全て”メニューバー>ウインドウ”の中にあるので出したいパネル見つからない人は一度ウインドウの中を探してみてください。

Illustrator使いこんだ僕でも半分以上理解していないから”こんなたくさんあるんだぁ”くらいで大丈夫!

④コントロールパネルの使い方と役割

一言でいうと?

オブジェクト編集によく使う塗りや線の編集を行うパネル

ここのパネルは・・・現在使っているツールに対応する便利な機能を提案してくれるパネルになります。

テキストの場合

図形の場合

なので、他でも出来る機能をいちいち出す必要なりなります。

必要なパネルというよりも時間短縮のためのパネルだね!

⑤メニューバーの使い方と役割

一言でいうと?

出すのが面倒くさいけど全てが詰まっている

メニュバーはより繊細な加工などの機能を使う人ほど、よく使う機能でほぼ全ての機能が表示/非表示、適用/不適用をメニューバーですることができます。

ここでオブジェクトを編集するというよりも編集に必要な機能を出すって感じ!
メニューバーの中でも全部で10個あるので・・・ぶっちゃけ始めのうちは慣れなくて使いたくなくなる気持ちも分かりますが下に全てまとめているので探し物をしているときはぜひ活用してください。 Illustratorのメニューバー一覧表 主な機能としては・・・
  • IllustratorCC:Illustrator全体の設定や概要
  • ファイル:作ったイラストの保存や書き出しを主に行う
  • 編集:編集をするときに使うコピー&ペーストやプリセット(設定値を変える)を行う
  • オブジェクト:オブジェクトに関する設定
  • 書式:テキストに関する設定
  • 選択:オブジェクトの選択(範囲や前後関係)を行う
  • 効果:オブジェクトに特殊効果を加えたいときはココ!
  • 表示:イラスト作成を快適にする機能を表示させる
  • ウィンドウ:パネルやツールバーの表示/非表示をメインに扱う。あの機能がない!と焦っている人はココを見れば解決。
  • ヘルプ:チュートリアルや検索を行う
このようにまとまっていますし、長年使っている僕でもこんな感じの認識です。 IllustratorCCやヘルプ、表示、選択、編集はほとんど使いません・・・。
MEMO
使っているときにバーやパネルが消えてしまって焦っている人はメニューを一つ一つ見てみてください。 基本的にメニューバーで全て解決します。

関連記事

【Illustrator】ツールバーの使い方まとめ:名称と機能、ショートカットまで全て解説 【フリー素材/100種類以上】Illustratorのスウォッチに登録しておきたいおすすめのグラデーション 【Illustrator】世界一わかりやすいグラデーションの使い方まとめ