【ピンクのモンスターエナジー】パイプラインパンチのレビュー:海外版や通常盤との比較も

海外では当たり前のように売られているモンスターエナジーパイプラインパンチが日本にもついに上陸しました。そこで早速レビューしていきます。

これがパイプラインパンチ!

Amazonでチェック

ピンクのモンスター『パイプラインパンチ』レビュー

早速レビューしていきます。

見た目

外見

缶の見た目

世界で人気の通常のモンスターとよく見るとカラーもデザインも全く違います。パイプラインパンチはハワイのオアフ島のサーフポイントの名称からきていることもあって、缶の装飾が通常のモンスターより鮮やかで自然を尊重しているのがわかります。

缶にはたくさんの花が装飾

上の写真のように、よく見るとハワイを代表するハイビスカスやプルメリアなどが描かれています。

バンザイ・パイプラインはハワイ・オアフ島のノースショアを代表するサーフポイントで、冬になると危険な波が炸裂する。この壮大な自然の力に敬意を表して、我々はモンスターパイプラインパンチを開発した。

ハワイで人気のパッションフルーツ、オレンジ、グァバを絶妙にブレンドしMonster独特のエナジーブレンドをふんだんにミックス。

かのビッグウェーブのように、このパイプラインパンチも伝説となるはずだ!

中身

中身

実際にグラスに注いでモンスターパイプラインパンチの中身を見ていきましょう。

注ぐ

色は赤とオレンジの中間である朱色といった印象です。

使われている原材料

実際に飲んでみた感想としては、良い意味で複雑な味わいで言葉に表現するのが難しいモンスター独特な味わいが魅力に感じました。グァバやパッションフルーツといった日本人に馴染みのないフルーツが使われていますが、フルーツに例えると桃とオレンジをミックスした味と表現するのが一番近くイメージしやすいと思います。

ハワイをイメージしているだけあって、かなりフルーティでトロピカルな味わい!

通常のモンスターとエナジードリンクとしての比較

Amazonでチェック

味は人によって捉え方や感じ方が変わってくるので、ここからは通常のモンスターやレッドブルと比較してエナジードリンクとしてのスペックを比較していきましょう。

レッドブルとモンスターを徹底比較:色々な角度から比較してみたら衝撃の結果に

通常盤のモンスターエナジーと全く同じ圧倒的カフェイン量

パイプラインパンチに含まれるカフェイン量は100mlあたり40mgで、1本あたりに換算すると142mgになります。これは通常盤モンスターと全く同じ数値でありレッドブルの1本あたり80mg(185ml)と比べると圧倒的に多いです。

モンスターエナジーを飲んだ時の効果と副作用を実際に検証してみた

疲労回復を促すL-アルギニンは通常盤のモンスターエナジーの方が豊富

パイプラインパンチには疲労回復や免疫力での効果に期待できる成分『L-アルギニン』が100mlあたり53mg(1本あたり約188mg)が含まれています。

通常盤のモンスターエナジーに関しては100mlあたり125mg(1本あたり約444mg)のアルギニンと約2.3倍も多く含まれています。参考までに、レッドブルは1本あたり120mgのアルギニンが含まれています。

血糖値が上がりやすいのは通常盤モンスターエナジー

パイプラインパンチには約35.5gの糖質が含まれていますが通常盤モンスターエナジーには39.05gもの糖質が含まれています。フルーティで甘い味わいなのに意外と通常盤よりも低めになっていました。

ですが、この35.5gというのもレッドブルの18.5gに比べると倍近い値になるので一気飲みや連続で何本も飲んだりすると急激な血糖値の上昇により吐き気やmまい、頭痛などの症状を引き起こす可能性がある他眠くなることもあるので少しずつエネルギーをチャージしましょう。

エネルギーチャージするために一気に飲んでも逆に眠くなる可能性があるから意味ないよ・・・。
レッドブルの効果がない!?3ヶ月のみ続けた僕が、最大限効果が出る飲み方と成分を紹介! マクドナルドを食べると眠くなる原因を発見した!対処法も!
比較まとめ表
 パイプライン通常盤レッドブル
内容量355ml355ml185ml
エネルギー44kcal50kcal46ml
たんぱく質0g0g0g
脂質0g0g0g
炭水化物10g13g10.8g
ビタミンB20.7mg0.7mg0.09mg
ナイアシン8.5mg8.5mg3mg
ビタミンB60.8mg0.8mg2mg
L-アルギニン53mg125mg不明
高麗人参82mg82mg不明
L-カルニチン29mg29mg不明
カフェイン40mg40mg43mg

海外版とは何が違うの?

海外版モンスター海外版モンスター海外版モンスター

アメリカに行った時に海外版のパイプラインパンチがあったので実際に飲んでみましたが、味わいは全く一緒でした。ですが、内容量が日本のものよりも豊富に含まれていて海外版は480mlで販売されています(日本版は355ml)。

カフェイン量も1本あたり160mgと1本の量が多いので若干多く含まれています。

まとめ

日本上陸したパイプラインパンチを実際に飲んだ感想の他、エナジードリンクとしての性能を比較してみました。エナジードリンクとしてだけじゃなく、ジュースとしてもかなり美味しくスッキリとしたものになっているので、ぜひ楽しんでください。

Amazonでチェック

モンスターエナジーを飲んだ時の効果と副作用を実際に検証してみた

レッドブルの効果がない!?3ヶ月のみ続けた僕が、最大限効果が出る飲み方と成分を紹介!

キックスタートがまずい?成分や効果を検証してみた

サントリーのPEAKER(ピーカー)がまずい?実際に飲んでみた

コメントを残す