[カメラ]ピントの仕組みと使い方!写真にピントは命!

みなさん,こんにちは!ピントにうるさいTatsuyaと

福丸

福丸です♪

写真を撮る時,写真の主役を決めるのに苦労することありませんか?

しかし,ピントをうまく使うことで写真の主役が決まりやすくなります.写真はピントを使わなければ始まりません・・・ぶれぶれだとなにがなんだか分からなくなりますからね

 

今回はピントについてお話ししていきます.

ピントの仕組み

レンズの中のガラスが・・・

ピントを合わすのに使う機能は主にオートフォーカスとマニュアルフォーカスです.

オートフォーカス

カメラでピントを合わせるとき,ほとんどの方はオートフォーカスモードにしてピントを合わせてから写真を撮ると思います.一番手っ取り早く撮れてなおかつ自動でピントを合わせてくれますからね!

でも,このオートフォーカスっていうのは不思議だと思いませんか?シャッターを半押しにするだけでピントが合うなんて・・・これは,現代のカメラの凄いところです.

シャッターを半押しにすることでカメラの中にあるセンサーが反応して撮影者が撮りたいであろう被写体までの距離をカメラが計測して,一番ピントが合うようにレンズの中のガラスが動いて複数枚のガラスの組み合わせ・位置を変えることによってピントは合っているんです・・・凄い

マニュアルフォーカス

カメラのセンサーの調子が悪い時など,なかなかオートフォーカスだと思うようにピントが合わない時ないですか?
そんな時は,マニュアルフォーカスを使って撮影することをオススメします.このマニュアルフォーカスは手動でピントを合わせるものでフォーカスリングを回すことでピントを自分の好きなように変更していきます.フォーカスリングを動かすことによりレンズの中の複数枚のガラスが動き,組み合わせ・位置が変更することによってピントの位置が変わっていきます.

ピントは縦じゃなく横で合う

ピントを合わせる時に気を付けたいことは,ピントは縦でなく横で合うということです.垂直じゃなくて水平ということですね.

少し言葉じゃ伝わりずらいところもあるので写真を使ってお話ししていきます.

横(水平)

写真のように福丸と福丸の友達は横並びになっています.すると,しっかり2人ともピントが合っていますね

縦(垂直)

写真のように福丸しかピントが合っていません・・・理由はピントは横・水平の面で合うからなんです

写真を撮る前に主役を決める

写真を撮る時になにも考えずに撮ることは禁物です.なぜなら,なにを撮りたくて撮ったのか相手に謎を与えてしまいます.

そこを謎にしてしまうとあなたの世界観を伝えることが出来なくなります.

 

そのため,まずは自分で主役を撮る前に考えてみる

これを頭の中で考えると,どういう目的で写真を撮ったのかが明確になります.これは,非常に大切なことで写真を撮る時に最も大切な作業になります.

写真撮影の手順は次の3つです.

①なにを撮るかイメージする

なにを撮るのかみなさんイメージするというより無意識にやっていると思います.これは取りたいと思うものを探すといった方が早いかもしれません

②なんで撮るのかイメージする

その被写体をなんで撮ったのか?なにを伝えたくて撮ったのか?を考えます.これは頭に入れているか・入れていないかで写真が全然変わってきます

③イメージしたように被写体のピントを合わせて写真を撮る

イメージしたような写真を撮れるように写真を撮っていきます

④自分が納得いくまで①~③を繰り返す

試行錯誤ということです.何回でもチャレンジしてみましょう

写真を使って解説

それでは写真を使って先ほどの手順を見ていくと,


①福丸と友達,カマキリを撮りたかった

福丸

カマキリさんと写真撮影♪

②カマキリと楽しそうに話している写真を撮りたかったから

③たくさんの写真を撮りミスを繰り返します

④この一枚が一番うまく撮れた写真でした

いつもこんな感じで写真を撮っています.カマキリと楽しそうに話している写真を撮るためにピントが三匹に合うように写真を撮りました.

主役にどうピントを合わせるか

写真を撮る手順の中でピントをどうやって使っていくかですよね.これは,ファインダーをのぞきながら試行錯誤して決めましょう.

 

慣れるまでは,オートフォーカスでピントを合わせることをオススメします.慣れてきて自分の思うようなピントと違うピントを合うようでしたらマニュアルフォーカスでピントを自分で合わせてみましょう.

基本的には,画面の中央に主役を持ってきてピントを合わせることが当たり前です.

シンプル過ぎるかもしれませんがまずは一番わかりやすい写真を撮っていくことが大切です.

主役ではないが副題を少し強調させたい時などは,主役を左右どちらかにずらしてあげることで副題が強調されます.

 

つまり,ピントで写真の雰囲気や伝わり方がまったく変わってしまうんです

そのため,F値やシャッタースピードをうまく使いピントにこだわることが大切です.

 

最後に

ピントの合わせ方ひとつで写真はまったく違うものになることをわかっていただけたでしょうか?

これを頭の中に入れておくだけで,写真がもっと良くなると思います!

 

ぜひ,試してみて下さい

福丸

試してください♪

では,また...