[一眼レフ]ズームレンズのメリット・デメリット

更新日:2017年12月12日

みなさん,こんにちは!最近ズームレンズも欲しいと思うようになったTatsuyaと

福丸

福丸です♪

私はいつも単焦点レンズを使いインスタグラムに投稿しているのですが,単焦点レンズと反対のズームレンズというレンズがあります.

今回は,どこに行っても万能に役割を果たしてくれるズームレンズについてお話ししていきたいと思います.

ズームレンズとは?

まず,ズームレンズというのは読んで字の如く,ズームすることが出来るレンズです.

どれくらいズームできるのかは,それぞれのレンズにより異なります.

ズームリングを回すことで焦点距離をある程度変更することが出来て自分の思う焦点距離にすることができるんです!

なので,レンズを交換する回数が少なくなっていろんな場面ですぐに撮影できます

ズームレンズの種類

ズームレンズの中にも種類があるんです.それは,ズームできる焦点距離の範囲である程度ではありますが決まっています.

広角ズームレンズ

大体焦点距離10mmから35mmくらいの範囲でズーム出来るレンズのことを指します

標準ズームレンズ

大体焦点距離20mmから100mmくらいの範囲でズーム出来るレンズのことを指します

望遠ズームレンズ

大体焦点距離100mmから300mmくらいの範囲でズーム出来るレンズのことを指します

どこで見るの?

ズームする距離は,レンズに表記されています.

 

例としてこちらのレンズは

焦点距離18mmから200mmまで焦点距離を変えることができ,F値が3.5~5.6まで変わります.

焦点距離とは,

小さい数字ほど広い範囲を撮影することが出来て,

大きい数字になるほど狭い範囲で遠くを撮影することが出来ます.

ズームレンズのメリットとデメリット

ズームレンズは,万能ですがデメリットも存在します.

メリット

①ズームレンズを一本持っていれば,幅広い焦点距離をカバーでき,万能に使える

先ほどのレンズも紹介した通り基本的にズームレンズ1つあれば,大抵のものは撮影することが出来ます.そのため荷物も軽くなるため非常に便利です!

②万能なためレンズの交換頻度が少なく済む

これはメリットと言えばメリットですが,レンズを交換することが好きな人にとってはデメリットかもしれません.単焦点レンズの場合は,焦点距離が変えられないため撮影場所の状況や被写体によってレンズを交換しなければいけません・・・しかし,ズームレンズはそれがなくなります.

デメリット

①F値が高いものが多く,暗くなってしまう

ズームレンズは,単焦点レンズに比べるとF値がどうしても高くなります(レンズの中のガラスの枚数が多いため).なので,写真としてどうしても暗くなるためシャッタ―スピードを上げなければいけませんが手ぶれの原因にもなりかねません・・・あと,綺麗なボケを作りたい時もズームレンズはオススメできません.ボケも単焦点レンズの方が綺麗です.

②画質があまり良くない

ズームレンズは単焦点レンズに比べてレンズの中に入っているガラスの数が変わってきます.なので,どうしてもガラスが重なると画質は落ちてしまいますので単焦点レンズより画質は落ちてしまいます

 

この4点が,ズームレンズの特徴です.

なんでズームレンズを使わないの?

先ほど,ズームレンズのメリットとデメリットを述べましたが,

万能ならズームレンズの方がいいじゃん!と思うかもしれません.

しかし,ズームレンズは,単焦点レンズよりも画質が落ちてしまいボケをあまり得意としません.

 

なので

写真の質にこだわりたいと思う人は,単焦点レンズを使用することをオススメします.

また,ズームレンズは暗くなってしまいISO感度を高くしなくてはなりません

便利さを求めたい人は,ズームレンズを使用することをオススメします.

そのため,私は単焦点んレンズを使用しています.

ズームレンズの価格

ズームレンズには,安いものと高いものがあります.

安いレンズ

安いズームレンズの特徴として,
焦点距離の変化によりF値が変動するものです.例えば,こちらのレンズは焦点距離が幅広いのに対してF値も幅広いためこの価格になっています.

 

高いレンズ

高いズームレンズの特徴として,

焦点距離の変化によりF値が変動しないものです.例えば,こちらのレンズは焦点距離が幅広いのに対してF値が一定なためにとても高いです.

 

高いズームレンズは,焦点距離の変化によりF値が変わらないためボケやすく明るい写真が撮影できますが,値段が高く重量のあるレンズになります.

最後に

レンズはだいぶ奥が深いものとなります.

 

なので,あなたの気に入るレンズに出会うことは少し難しいかもしれませんが,

それぞれの特徴を把握しておくことで,あなたに合うレンズが見つかる確率が上がります.

 

あなたのカメラ生活に幸あれ

福丸

幸あれ♪

では,また...