カメラに慣れたらプログラムオートで撮影する!

みなさんこんにちは!

 

まず,以前お話しした「まずは全自動オートで慣れよう」をまず読むことをオススメします!

 

私はこのプログラムオートというのを最近知りました...笑

このプログラムオートのことみなさん知っていますか?

 

今日は,プログラムオートについてお話ししていきたいと思います!

 

プログラムオートとは?

 

まず,プログラムオートとはなにかお話ししていきます.

 

プログラムオートはとても優れているもので自分の合わせたいF値,シャッタースピードどちらかを設定すると,もう片方をカメラが自動で露出に合わせて適切に設定してくれるものです.

 

よく露出を失敗することありませんか?・・・私だけじゃないですよね!?笑

 

 

そんな失敗をカメラが自動で設定してくれるので,撮りたいときわざわざ設定しなくても綺麗な写真を撮ってくれますよ!また,全自動オートより融通が利くため,よりイメージに合った写真を撮れるようになるでしょう.

 

続いて,全自動オートとの違いを説明します.

 

全自動オートの違いは?

 

露出はそのままでF値とシャッタースピードの組み合わせを変更することが出来ます.

 

なので,全自動オートでの撮影に慣れてきたら次にプログラムオートにして,必要な設定を変えてみましょう!

 

また,プログラムオートではISO感度,ホワイトバランス,ストロボ,オートフォーカス,測光モードを自分で設定できるます.

 

しかし,全自動オートでは,これらの設定もすべてカメラがしてしまうためプログラムオートより融通が利きません...

 

また以前にお話しした「F値で変わる世界観」より,F値を変えることでまったく違う写真になります.なので,自分の好みの設定に変えてみましょう!

 

プログラムオートの設定方法

 

プログラムオートでの撮影方法としては,下の写真のように撮影モードコマンドを回して「P」に合わせるだけで設定終了になります.

また,ISO感度やホワイトバランス,ストロボ,オートフォーカス,測光モードなど設定したいと思った時は,メニュー画面から設定できます.

 

 

また,注意点として被写体が暗すぎたり,明るすぎると露出が適切になりません...

 

ちなみに,以下のインスタグラムの投稿はこのプログラムオートで撮影したものです.

F値やシャッタースピード以外の設定は自分で出来るので,使い勝手いいです!

 

 

最後に

 

 

なので,みなさんもぜひ全自動オートに慣れてきたらプログラムオートで撮影してみてください!

 

では,また...

コメントを残す