自宅にインターネットに接続するまでに必要な手順・モノを世界1分かりやすく紹介

インターネットに接続するまでを知りたい!・・・っていうことをインターネットを使って調べているみなさんに”どんなものや作業が必要なのか?”について世界一わかりやすく説明していきます。

  • 新居の家にネットを繋ぎたい!
  • 家のパソコンでネットを繋げるようにしたい!
  • スマホの通信料を抑えるためにWi-Fi接続したい!

と家でのインターネットへの繋ぎ方が分からなくて悩んでいる人は必見です。

結論:全部でやることは3つ!

図解で説明

家で寝っ転がりながらネット接続できる

  • 回線業者にインターネットまでの道のりを作ってもらう
  • プロバイダにインターネットへの許可をもらう
  • スマホやパソコンにインターネットに繋ぐためのアイテム(Wi-FiルーターやONU)を用意する

いきなり結論ですが、インターネットまでに必要なこととしては上の3つになります。

ですが・・・上の2つ

  • 回線業者にインターネットまでの道のりを作ってもらう
  • プロバイダにインターネットへの許可をもらう

ということは全て回線業者とプロバイダに行ってもらうことなので、実際自分がやることになるのは

  1. 契約:回線業者とプロバイダにネットに繋ぐ準備をしてもらう
  2. Wi-Fiルーターか有線LANの準備:スマホやパソコンなどの子機をネットに繋げるためのケーブルを準備

この2つだけを行うだけですぐに完了です!

あとは回線業者と日程を決めて1〜2時間ほどの開通工事をしてもらうだけで完了

1つずつ世界一分かりやすくインターネット接続までの手順を解説

上の説明が少し難しいと感じている人は・・・インターネット接続でやっていることとして次の3つだと思ってくれて大丈夫です。

契約とかあるけど、ネットに接続するために必要なことは次の3つ!
  • 工事
  • 承諾
  • 接続

この3つの手順を世界一わかりやすく解説していきます。

工事:インターネットへまでの線を自宅に繋げる

一言でいうと・・・

インターネットまでの道のりを工事して作ってくれる

工事は光回線を申し込むと業者の側が分かりやすく説明して予定などを合わせるだけでケーブルを自宅につなげてくれます。

なので、やることは契約と予定を合わせることくらいですよ!

2時間も終われば終わるくらいの簡単な工事になるよ

ONUやモデムのような必要なアイテムは全て契約するともらえるので気にしなくて大丈夫です。

MEMO

などの人気の光回線ならプロバイダーとセットになっていることがあるので、光回線とプロバイダーでそれぞれ別々で選ぶ必要はなくなります。

承諾:プロバイダでネットを使う許可をもらう

一言でいうと・・・

工事した回線を使ってネットを使う承諾

プロバイダと契約して現実世界でいうところのIPアドレスをもらうことで自分の特定の番号をもらうことができます。

このIPアドレスをもらうことでインターネットという楽園に入場する許可をもらい・・・データの通り道の工事した回線に実際のデータが流れ始めます。

これでようやくインターネットと自宅にやり取りすることが可能になるんだよ
MEMO

ネットでの誹謗中傷などの事件の犯人特定などはプロバイダで一瞬で分かります。

パソコンやスマホにはIPアドレスがついているので・・・誰が何時何分何秒がすぐに分かる仕組みになっています。

接続:ネットを使いたい機種とONUを接続して完了!

一言でいうと・・・

工事して承諾されたインターネットへの道のりをスマホと接続して行う

こちらは・・・大抵の人はWi-Fiルーターという無線LANを使って行うと思いますが、実は有線LANというのも存在します。

↓ 詳しくはこちら ↓

Wi-Fiルーターとは?ルーターの役割や仕組みをご紹介

実際に工事してインターネットまでの道のりを作り、プロバイダでネットを使う許可をもらった後は・・・インターネットからのデータをスマホやパソコンに送らなければいけません。

最後に行うことはWi-Fiルーターなどの無線LANを使ってインターネットの情報をスマホに送れる状態にすることです。

実際にやることはONUやモデム(回線業者が用意してくれる)に自分の用意したWi-Fiルーターをケーブルで繋いでWi-Fi接続するだけです!

これで無事にインターネットをWi-Fiで使うことができるよ!
無線LANとWi-Fiの違いってなに?世界で一番分かりやすく違いを解説