無線LANとWi-Fiの違いってなに?世界で一番分かりやすく違いを解説

無線LANっていう人とWi-Fiっていう人の2種類の人間がいますが・・・そもそも何が違うの?

って普段から思っている人が多いと思います。

で、色々な解説サイトを見てもイマイチ分からないな・・・と思っている人にめちゃくちゃ分かりやすく解説していきます。

つい最近まで僕も知らなかったからこそ!色々例えながら解説していくよ
結論

Wi-Fiの由来を図解にするとすぐに分かる!

Wi-Fiという保証が無線LAN接続する商品に付けられ始めていき・・・

無線LAN=Wi-Fiという認識でほぼ間違いがなくなるほど無線LAN接続する機器が”Wi-Fi”という保証を持つようになったので逆に世間の人は違いが分からないようになってしまった。


ズバリ!無線LANとWi-Fiの違いってなに?

 

なんで無線LANとWi-Fiってよく一緒にされているの?

インターネットに無線で接続する方法がWi-Fiしかないから無線LANとWi-Fiはほぼ同じ意味として使われている。

みなさんの多くが一度は使ったことがあるWi-Fiですが・・・これはインターネット接続をするための唯一の方法なので別に無線LAN接続って言ってもWi-Fiって言ってもどっちでも問題がないっていう訳です。

だから、もしもWi-Fiの他にQi-Fiとかいう他の接続方法が出てきたらきっと無線LANとは言われなくなるけど・・・今のところほとんど同じことだから別にどっちでもいいんだよね。

うまく例えて?

広島で生まれた広島カープしか知らない子供はプロ野球チームと聞いたら、他にも11球団もあるのにプロ野球チーム=広島カープと考えるイメージ。

別に広島カープが大好きな少年は、他の巨人やソフトバンクなどの球団を別に覚える必要がないし・・・別に少年からしたらプロ野球チームも広島カープもそれほど違いがないイメージ!

この場合はプロ野球チームが無線LANで広島カープがWi-Fi!
他にも分かりやすい例え

結局なにが言いたいの?

スマホやゲーム、インターネットを使う人にとったら無線LANもWi-Fiも変わらない!同じものと考えても別に間違いではない。

もしも簡潔&明確にそれぞれの意味を知りたい人はこう覚えるのがおすすめ

中にはしっかり2つの意味を知ってから”自分の中で違いを理解できない”と気が済まないっていう人も多くいるんではないでしょうか?

そんな人は次の2つの図解を参考にしてください。

無線LAN

どう覚える?

ケーブルがなく近い範囲がつながっている”状態”

Wi-Fi

どう覚える?

ケーブル無しで忠実に接続できる”技術”


めちゃくちゃ細かい話にはなってしまいますが、

  • 無線LAN:ケーブル無しで繋がってる”状態”
  • Wi-Fi:ケーブル無しで繋げる”技術”

という感じで

状態と技術の違い

ということを頭に入れておくと2つの違いがより直感的に理解してくれると思います。

もう少し詳しくいうと・・・Wi-Fiを名乗るには認証が必要

無線LANの標準規格(世界で統一すること)には”IEEE802.11″という形式を採用していて、他にも利用する電波の周波数だったり・通信速度で規格が分けられています。

この世界で統一されたIEEE802.11の形式で接続できるかテストして接続することを保証された商品には”Wi-Fi Alliance”という団体から上のWi-Fi認証を受けることができるんです!

IEEE802.11でしっかり接続されることを証明された商品を使って無線LAN接続をすることを一般的な”Wi-Fi”と呼ばれています。

 

Wi-Fiって書いてないとダメ?

インターネット接続に必要なWi-Fiルーターとモデムで”Wi-Fiマーク”がついていないものは見たことがないから安心して。