Wi-Fiルーターとは?ルーターの役割や仕組みをご紹介

Wi-Fiルーターの役割や仕組みなどのどこよりも分かりやすく解説していきます。

何も知識のない僕が本気で勉強した知識だからどこよりも分かりやすく解説出来る自信があるよ

Wi-Fiルーターとは?

一言でいうと?

インターネット回線で送られてくる情報との通信をワイヤレス(ケーブル無し)で行えるようにする機器

Wi-Fiは電波っていうことは知っている人も多いかもしれませんが・・・実はその電波はWi-Fiルーターから出ていて、その電波の届く範囲でインターネットに接続してスマホやパソコンをすることができています。

インターネットから子機(スマホやパソコン)までの流れ

  1. インターネットがインターネット回線(光回線)を通り自宅のモデムに入る(図の青点線)
  2. モデムとWi-FiルーターをLANケーブルで繋ぐ(図の緑線)
  3. Wi-Fiルーター(親機)からスマホやパソコンなどの子機に”電波”として送られてくる

この3つの手順を光の速さで行うことでみんなはWi-Fiを使ってインターネットを楽しんでいます。

Wi-Fiルーターがなくてもネットに接続することってできるの?

一言でいうと?

モデムから直接LANケーブルをパソコンに繋げばOK(有線LAN)

まだWi-Fiが普及する前の時代は・・・みんなモデムから直接パソコンにLANケーブルを繋ぐやり方(有線LAN)でネットを使っていました。

無線LANが普及して使われるようになったのは1993年だよ。

有線よりも無線の方がいいという世間のイメージがありますが・・・無線より有線の方が

  • モデムから直接データが送られてくるので無線よりも通信速度が速い
  • 不法侵入で家のケーブルを使われない限りはセキュリティ面も無線より優れている
  • 通信速度にムラがなく安定してネットを使うことができる

という3つのメリットがあります。

実際にまだMacでもWindowsでもiPhoneでも有線LANに変換するためのアダプタはたくさんあるよ

USB搭載のパソコンならアダプタをつけるだけでケーブルを繋げるだけでネットが使える

iPhone専用アダプタ用の有線LAN変換ケーブルもある

でも・・・家でネットを使いたい機器がたくさんある場合(僕の場合はデスクトップ、iPhone、iPadの3つ)・・・全部が全部有線LANで使うのは無理があるんですよね。(モデムのある同じ場所で使わなければいけなくなるので家のあちこちでは使えない。)

それで時代が進化してWi-Fiルーターというものが出来て家の中であればどこでもモデムからの情報やデータを電波として子機と通信接続ができる装置が出来たんです。

有線LANの魅力ももちろんあるけど・・・無線LANには勝てないね・・・。笑

有線じゃなくてWi-Fiルーターが一般的な3つの理由

通信速度も安定していて・・・速いのになんで有線ケーブルを使って操作しないの?と考える人に一般的にWi-Fiルーターが使われている理由をご紹介していきます。

繋げば繋ぐほど・・・コードで部屋がぐちゃぐちゃになっていく

有線の場合は増えれば増えていくほど部屋の見た目が汚くなるというお母さんが一番嫌う状態になってしまいます。

それに比べるとWi-Fiルーターを使えば1台でも50台でもコードがいらないので、全く部屋がコードまみれになることはありません!

ぶっちゃけ1台しか使わない人は有線でもあんまり影響ないけど、家族単位で一緒に使う場合はWi-Fiじゃないとキツい。

Wi-Fiは何台使おうが見た目は変わらない

Wi-Fiルーターを使うだけで家にいればどこでも繋がっている状態

Wi-Fiルーターからの電波が届く範囲ないであれば・・・Wi-Fiはいつでも子機と繋がっている状態です。

それに比べて有線LAN接続の場合はモデムの場所に依存してしまい、いつもスマホやパソコンを使う場所は限定されてしまいます。

自分の部屋でスマホとかパソコンが使えなくなっていっつもモデムのあるリビングでしか使えない状態ってことだよ

なので、個人的には1人暮らしの1部屋のマンション・アパートに住んでいる人以外はWi-Fiルーターを使うのがおすすめです!

有線よりは通信速度が劣るが・・・Wi-Fiルーターのレベルもかなり上がってきている

現在通信規格というものがあるんですが(覚えなくて大丈夫)、現時点で”11ac”という規格のものであればほぼ問題なくネットを楽しむことができます。

感覚的には800Mbps以上の速度であればほとんど誤差の範囲にしか感じないので安心してください。

MEMO
ちなみに最大通信速度は1300Mbpsになります。

今のWi-Fiルーターであればインターネットを使用するレベルであれば有線LANも無線LANも速度的にはほとんど変わりませんが・・・巨大なファイルの転送やアップデートなどのデータ量が多い場合は有線LANの方が早くなるレベルなのであんまり気にすることはないです。

みんなほとんど1ギガくらいのデータ量を頻繁に使うことってないと思うからね!
参考 無線LANは遅いの?USB無線LAN、有線LANの通信速度比較実験CMAN

まとめ

Wi-Fiルーターの役割や通信の仕組み、有線LANを使ったときとの違いを誰でも分かるように説明しました。

他にもたくさんのWi-Fiに関する記事があるので参考にしてください!

無線LANとWi-Fiの違いってなに?世界で一番分かりやすく違いを解説