写真の傾きに気を付けないと台無しに!?

みなさん,こんにちは!!!

 

みなさんは写真を撮る時になにを意識して写真を撮りますか?

 

構図露出

 

どれも大切ですね!

 

でも,写真を撮る時に忘れがちなポイントがあります!

 

それは・・・写真の傾きです!!!

 

そんなの当たり前じゃん!って思う方もいるかもしれませんが,写真の傾きというのは写真に多大なる影響を与えます.

 

今回は,写真の傾きについてお話ししていきたいと思います.

 

写真の傾きって大体で大丈夫?

インスタグラムなどのSNSで投稿されている写真の中に,傾いている写真があるのを見たことはありませんか?

 

とっさに撮った写真が傾いてしまうのはしょうがないかもしれませんが,そういった写真は大抵相手に情報を伝えるためだけに撮られた写真が多いです.

 

どういうことかと言うと,「どこにいる」「なにかがある」といった情報を与えたい場合は多少傾いていても分かるかもしれません!

 

しかし!

 

しっかりと撮った写真では,「どこにいる」「なにがある」といった情報だけでなく相手に素晴らしさを伝えなくてはなりません.

 

そのため,基本的な情報以上に自分の感情を写真として伝えなくてはなりません.

 

そうした時に,写真が傾いてしまっては相手に自分の伝えたいことが伝わらなくなってしまいます.

 

なので,

 

写真は水平に相手に正確に伝わるようにしましょう!

 

 

傾きによる生じてしまうこと

 

先ほど,写真は傾いてはいけないということをお話ししました.

 

それでは,なぜ傾けてはいけないんでしょうか?

 

それは,

 

傾きにより相手に不安定なイメージを与えてしまい,違和感を覚えてしまうからです.

 

この不安定なイメージは,相手に好印象を与えることはありません...

 

しかし,この傾きというのは

 

被写体が傾いてはいけない!ということではありません.

 

なぜなら,見ている人達はその被写体がどんな角度か知らない場合がほとんどだからです.

 

では,どういう傾きがいけないのかというと海や地平線,道など誰もが水平だと分かるものを写真で撮る時は傾けてはいけません

 

写真を用いて説明

 

 

 

では,どういう写真が傾いていると言えるのか写真を用いて説明します.

 

これは,以前インスタグラムで投稿した写真です.

 

この写真はダメです!笑

福丸

自分で撮ったのに!?

 

はい,完全に頭から抜けてました・・・

 

傾く自分でもわかりますが,違和感を与えてしまいます・・・

 

水平に撮りましょう!

 

最後に

 

今回は,写真の傾きについてお話ししました.

 

自分の犯したミスを例にしましたが,みなさんは私と同じミスをしないように心がけましょう!

 

福丸

これから気をつけてよ?

 

精進します...笑

 

では,また!