Airdropで自分の名前が出てこない・違う時の対処法!

「ちょ!エアードロップで違う人の名前が表示されているんだが?」

「俺の名前は!?」

「やべ!親に送っちゃった・・・あれ?けど、こっちに来てる!」

とエアードロップで困っている人はいませんか?

僕もつい先ほど・・・MacとiPadで写真を送るためにエアードロップを使おうとしたら・・・友達の名前が表示されていて・・・。

間違えて押してしまいました!!!

ですが、なぜか写真だけはしっかりとMacに送られて来ていて・・・不思議だな?といった感じだったんですよ。

Tatsuya

近くにいない人の名前が表示されていたんだもん!

福丸

そりゃあ、困るよね!

ってことで、今回はAirdropで自分の名前が違うときの対処法についてご紹介していきます。

全ての原因は連絡先にあった!

何回やっても自分の名前が出てこないで・・・友達の名前しか出てこなかったので、色々原因を調べて調べて調べたんですが、

全ては連絡先にありました!!!

Tatsuya

この連絡先の設定で友達の名前になっていたみたい!

どういうことか理由を添えて順番にお話しして行きます。

  • STEP.1
    送るiOSの名前を変えていると送られるiOSの名前も変わってしまっていた
    まず写真を送るiOSがiPadだとすると・・・iPadにある連絡先を見てみると、自分が自分でないことがあります!

    福丸

    これがみんなを混乱させていた理由だよ!

    なので、この自分になっている連絡先を消しちゃってください。

    IMG BE0B7DC16D82 1

    MEMO
    なんで他の機器までその名前になっているかと言うと、iCloudなどで全ての連絡先が同期されているからです。

    こうなっているせいで、自分の他のiOS機器も連絡先にある自分では名前に設定されているので、エアードロップする時に自分ではない名前が表示されてしまっています。

  • STEP.2
    自分じゃない”自分”の連絡先を消去
    右上の編集からその連絡先を一度消しちゃってください!もしも必要な人の場合は、メモ帳などに連絡先をコピーしてから消してください。

    IMG 0019

    IMG 0020

  • STEP.3
    削除すると本当の自分に名前が変わる
    確認してみると、本当の自分の名前に変わっていました!

    IMG 0015

  • STEP.4
    もう一度自分のiOS間でエアードロップをしてみる
    リベンジです!!!これで治っているか確認してみてください!

    エアードロップを使った時にしっかり自分の名前が表示されていれば、合格ですよ。

    IMG 0016

  • IMG 7D293F4C5983 1

    設定にある連絡先から判断することができるのでしっかりと確認してみてください。

    福丸

    間違えて設定しちゃうこととかあるかもしれないね!

    Tatsuya

    ていうか、全部字が汚くてごめん。笑

結構Airdropって厄介

今回、思った人も多いかもしれませんが・・・Airdropってめちゃくちゃ便利な時もあれば、めちゃくちゃ不便な時もあるんですよね・・・。

Tatsuya

今回はめちゃくちゃ不便な例だね!

できるだけ、カフェや電車などの公共施設でAirdropを使うことはおすすめできません!

理由としては、

  • 知らない人から変な写真が送られてくるかも
  • 他人に見られたくない写真をご送信してしまう
と言うミスを起こしやすいです・・・。なんでこんなことが起こるかと言うとAirdropの設定に原因があります。

もしも不安な人や友達との写真共有を公共の場でしたい人は、設定することをおすすめシアmす。
IMG DF2ECD1D41A7 1

ここを連絡先のみにすることで、しっかりと連絡先を持っている人のみとのやりとりが可能なので変に他の人の写真を受信してしまう心配もありません!

ですが!!!送るときは違いますからね・・・注意しましょう!

Tatsuya

だいたい10mくらいの距離にいる人に反応するようになっているからね!

しっかりと自分が送りたい人をタップして送りましょうね。

注意
連絡先に登録していない人からは送られてこないので、注意です。最近ではLINEしか知らないという人がほとんどだと思うので・・・。

まとめ

今回はAirdropの落とし穴的な部分についてご紹介しました!

Tatsuya

自分のデバイス間で写真移動させるのに便利だけど、やっぱり親や友達とかの名前が出てきたら・・・嫌だよね。笑

ぜひ参考にしてください。

では、また・・・

コメントを残す