【iPhone8】防水ケースのおすすめ:状況別で理想のケースが見つかる

防水ケース

お風呂やプール、海で欲しい便利なアイテムとして防水ケースがあると思います。

iPhone8は防水加工はしてありますが、どんな状況でも真水ではないので故障の原因になることも少なくありません!

そこで色々な状況で便利になるアイテム”防水ケース”をご紹介します!

必要なときだけ入れて使う防水ケースのおすすめ

1位:YOSH

  • タッチ操作可能
  • 水深5m~30mの間で30分間防水可能
  • 永久保証付き
  • 防水国際保護等級IPX8認定

EverythingAppleProというスマホ耐久をテストする防水部門でTOP3に入るほどの性能がある正真正銘の高品質防水ケース!

不具合や故障があった時に永久に保証してくれる嬉しいサービスも付いています。

2位:Anker

一言でいうと・・・

水中での操作やカメラ撮影なども不自由なくできる

  • タッチ操作可能
  • 水深10mでも安心してiPhoneを使える
  • 18ヶ月保証付き
  • 防水国際保護等級IPX8認定

iPhoneアイテム全般で人気の高いAnkerの防水ケース。

フローティング構造になっていて、iPhoneが手から離れても沈む心配がないのでプールや海での使用を可能にしてくれる!

3位:YOSH

  • 指紋認証可能
  • 水深5~30mで30分間の防水性能
  • 永久保証付き
  • 防水国際保護等級IPX8認定

2枚セットになっているので、お風呂用とプールや海用と分けて使うことができる防水ケース!

貴重品であるクレジットカードやパスポートも一緒に入れておくことができる余裕のある大きさ。

4位:Mpow

  • 指紋認証可能
  • 水深5~30mで30分間の防水性能
  • 18ヶ月保障付き
  • 防水国際保護等級IPX8認定

3つセットになっているお得な防水ケース!

友達とか彼氏・彼女用にも買っておきたい人におすすめです。性能もしっかりしていてカラフルなので、コスパで選びたいならこれがおすすめです。

5位:FITFORT

  • タッチ操作可能
  • 水深20mで30分間の防水性能
  • 1年保証付き
  • 防水国際保護等級IPX8認定

iPhoneの他に鍵やカードも入れておくことができる小物入れとしての役割もあります!

ストラップが2本入りなので、状況によって使い分けることもできるのが魅力ですね。

取り付けていつでも防水・防塵性能のあるおすすめケース

1位:KYOKA

  • 水深2mで30分間の防水性能
  • 厚さ1.5cm
  • 防水国際保護等級IP68認定

魅力は薄さでほとんど他のケースと変わらないので、このまま使っていても何も違和感を感じないです。

福丸

カラフルでたくさんの色があるよ

2位:Deepsonic

  • 水深1.2mで30分間の防水性能
  • 耐久性も抜群
  • 防水国際保護等級IP67認定

米軍規格も取得していて、高さ2mからの落下試験1000回に合格して防水性能も付いている耐久抜群ケース!

ケースになっていて、基本このまま使うので頻繁に海やプール、お風呂で使いたい人におすすめ。

3位:Merit

  • 水深2mで30分間の防水性能
  • 厚さ1.3cm
  • 防水国際保護等級IP68認定

液晶面も保護されていますが、特殊な極薄素材で作られているので、タッチも指紋認証も可能です。

厚さ1.3cmととっても薄くなっていて、より頑丈なiPhoneケースと考えてもいいほど使い勝手も悪くないです!

4位:Apona

  • 水深3mで1時間以上の防水性能
  • 1年保証付き
  • 防水国際保護等級IP68認定

高さ2mからケースにiPhone8を入れた状態で1000回落下させても、耐えることのできるほどの耐久性がありながら

液晶面の薄さは0.26mmと極薄になっているので使い勝手もいい!

5位:ZVE

  • 深さ3mでもOK
  • 18ヶ月保証付き
  • 防水国際保護等級IP68認定

6mからの落下からもiPhoneを守ってくれる耐久性が半端じゃないケース!

しっかりと指紋認証もできるほどの性能はあるので、使い勝手にも問題ないです。

外付け(ソフト)とケース型(ハード)の特徴の違い

一言でいうと・・・

外付けは安くて消耗品、ケース型は趣味や仕事で長い期間使う人に人気

外付け防水ケース(ソフトケース)とは?

どんな人におすすめ?

お風呂・川・海・プールだけで使いたい人、普段のケースと使い分けたい人

出かけ先が水のある場所で写真を撮ったり、盗難防止のために自分で持っていたい人におすすめなのが外付けケースです。

どちらかというと頻繁に使うというよりあったら便利なものだったり、安いので旅行やバカンスのために買う人が多いです。

夏の海などどうしてもiPhoneは暑くなってしまうので、一緒に持っておきたいですよね。

ケース型防水(ハードケース)とは?

どんな人におすすめ?

普段から落下や砂、塵、水など色々なものから防ぎたい人、サイクリングなど急な雨にも対応させたい人

ケース型の防水ケースを使う人の大半は、漁師やツーリングなどで急な水しぶきなどでiPhoneが壊れないようにするために付けます。

どうしても操作性は落ちてしまうので、普段から濡れたり砂が入る趣味や仕事をしていない人は外付けケースがおすすめです。

防水ケースがあるだけで色々な状況に対応できる

防水ケースを持っていない人や使ったことがない人は、使い勝手がまだわからないと思いますが人それぞれ防水ケースが欲しい理由が変わってきます!

  • お風呂でiPhoneを使いたい
  • 海や川で使いたい
  • スキューバダイビングなどで深い海に潜りたい
などなど、場所も状況も全く違います。

ですが、ほとんどの防水ケースでは、これらの要望を叶えてくれるんです!

福丸

使い勝手抜群だね!年中使えちゃう!

防水ケースはケースの中に一切の水を入れないため、水や雪などに関係する状況で使うことができちゃいます。

防水ケースの強度の見方

防水の基準で使われる一つの基準として、世界で決められている”IP規格”というものがあります。

福丸

IP規格は国際電気標準会議って言われる頭のいい人たちが決めたものなんだよ!

今回の記事で何回も”IPX8認定”という単語が出てきますが防塵と防水の基準を表しています。

表記の見方は下の図の通りになります。

福丸

ちなみに、IPはInternational Protection(国際保護)の略だよ

それぞれの強度を表にまとめるとこんな感じです。

 防水性能防塵性能
0無保護無保護
1垂直に落ちてきた水滴を受けても影響しない5cm以上のものが機械内部に入らない
215度傾けた機械に対して垂直に落ちてきた水滴を受けても影響しない1.25cm以上のものが機械内部に入らない
360度以内の範囲から落下してくる水滴を落としても影響しない2.5mm以上のものが機械内部に入らない
4どんな角度からの水滴でも影響しない1.0mm以上のものが機械内部に入らない
5どんな角度からの水噴射を直接当てても影響しない防塵(小さな砂や塵が入っても故障しない)
6どんな角度からの強い水噴射を直接当てても影響しない耐塵(小さな砂や塵が侵入しない設計)
7ある程度の時間なら水につけても影響しない
8完全密閉状態

MEMO
ちなみにiPhone8自体の防水性能は、IP67です。

iPhoneの内部に粉塵が入らない”耐塵性能”と規定の圧力、時間で水中に浸しても有害な影響はない”防水性能”を持っています。

ですが、この2つの性能は永久に保たれるものではなくて使っている期間が長いほど耐久性が衰えてくるのでそのままでプールやお風呂、海で使うのは不安が残りますよね!

防水ケースを選ぶ時に知っておきたい単語

「防水ケース何がいいかな?」と思っている人やすぐに必要な人に頭に入れておいて欲しい単語をまずはご紹介していきます。

覚えなくても理解できれば大丈夫!

PVC素材

PVC素材というポリ塩化ビニルを使用している防水ケースが多いです。

正直素材による違いはあんまりないから気にしなくても大丈夫だけどね・・・。

ポリ塩化ビニルの特徴として、耐候性があるので屋外での紫外線に強いです。

だから、簡単にいうと・・・海やプールで使うときの相性抜群の素材だよ!ってことです。

ABS素材

こちらも使われることの多い素材です。

PVC素材よえりも紫外線には弱いですが、耐熱性・耐寒性に優れているので夏や冬の屋外に強いです!

だから・・・正直どちらも屋外に強いのであんまり違いはありません。

冬に使いたい人はABS素材の方がいいかも!

防水ケースの選び方

防水ケースを選ぶときに大切なことをご紹介します。

選び方としては、

  • どれくらいの水深で使うか?
  • どれくらい長い時間水につけるか?
  • 保証は付いているか?

の3点に注目して選ぶと自分にあった防水ケースが選びやすいです。

どれくらいの水深で使うか?

紹介しているそれぞれの防水ケースにどれくらいの水深で使うことができるのかを書いてあるので参考にしてください。

お風呂くらいならどの防水ケースでも大丈夫だよ!

もしもプールや海に行く場合はできるだけ水深の深さに対応しているケースを選びましょう!

どれくらい長い時間水につけるか?

こちらは・・・正直30分もあれば十分です!

海でもプールでもほとんどの場合は一度に30分間水につけることはほとんどありません。

もしも海で無くしちゃった場合は・・・諦めるしかないと思う!

保証は付いているか?

やっぱり、保証がついていると安心できますし、メーカーの商品への自信を感じることができますよね!

もしも保証が付いているものと付いていないものがあるなら保証付きの防水ケースを選ぶようにしましょう。

MEMO
iPhone8のインチ数は4.7インチですが、参考までにiPhoneのインチ数を表にまとめました。購入する前に一度確認しておくと安心できますよ。
機種名インチ
iPhoneSE4インチ
iPhone6S4.7インチ
iPhone6S Plus5.5インチ
iPhone74.7インチ
iPhone7 Plus5.5インチ
iPhone84.7インチ
iPhone8 Plus5.5インチ
iPhoneX5.8インチ

↑上に戻る

【iPhone8】ガラスフィルムのおすすめ:全タイプから厳選 【iPhone8ケース】おしゃれな20選:手帳型と背面型を厳選して紹介