[写真]三角構図を使えばもっと迫力がでる!?

更新日:2017年12月17日

みなさん,こんにちは!三角構図の意味を最近知ったTatsuyaと

福丸

福丸です!!!

 

みなさんは,写真を撮る時になかなか高さや迫力を出すのに苦労することはありませんか?

私は,よく迫力が出なくて悩んでいましたが・・・ある構図を使って写真を撮ってみるとその悩みが解消されました!

 

その構図というのは,三角構図と言われる構図で私の写真に対する悩みが解消されました!

今回は,三角構図についてお話ししたいと思います

三角構図とは?

そもそも三角構図とはなんだ!?という話ですが,

三角構図とは,写真を撮影する構図の中に三角を作って写真を撮る構図です.

構図の中にただ三角形があるという訳ではなく,高いビルなどの遠近法(下の方が大きく見え,上の方が小さく見える)により三角形のような形になる構図です.

 

三角構図の特徴

三角構図で写真を撮影すると,普通に撮った写真に比べて写真の雰囲気がガラッと変わります.

それはなぜかというと三角形のように被写体が見えることにより高さを強調でき,迫力が出ます.
このただの木の写真ですが,三角構図を使うことで高さが強調されます!

 

また,三角形の底辺の部分が大きいとより迫力が出ます.

しかし,底辺が大きすぎるとフレームに入りきらずなにを伝えたいのか分からなくなってしまうため注意が必要です.

 

また,底辺が小さすぎるのも注意が必要です.なぜなら,迫力に欠けてしまいます.

 

もう一つ三角構図による特徴としては,奥行きが出る!という点です.

この奥行きは先ほどお話しした迫力をより演出してくれる要素になります.

上の線路の写真にも三角構図というのが使われています.底辺が大きく遠くになるにつれて小さくなっていき三角形の形になっています.

三角構図を使うべき被写体

この三角構図は,実は高いものだけに使うものではありません!

 

先ほどもお話ししましたが,奥行きを強調したいときにも三角構図というのはとても効果的になります.

 

なので,まっすぐな道もこの三角構図を使うことが出来ます

福丸

インスタでは道路に僕がいる投稿多いよね♪/speech_bubble]

 

私は,基本的に高いものはあまり撮りません.

[say name="福丸" img="https://fukumarudesu.com/wp-content/uploads/2018/06/IMG_0054.jpg"]僕が写らなくなっちゃうからね・・・

 

なので,三角構図は道路や橋などの奥行きを伝えたいときに活用しています.

三角構図の例

それでは,三角構図を用いた写真を私のインスタの投稿を用いて紹介したいと思います.

いっきに3つも紹介してしまいました.

私の場合どれも共通しているのが道や線路といったまっすぐな時に三角構図を使っています!三角構図はこれ以外にも先ほど紹介した木のように高さを出したい時も使えますので使ってみてください

福丸

アカウント見ると分かるけど,三角構図多いね( ̄▽ ̄)

最後に

今回は,三角構図についてお話ししました.

 

この三角構図を使うと奥行きが出て,より世界観を生むことができます!

ぜひ使ってみてください

福丸

使ってみてね♪

では,また・・・