バイトが合わない?無理をせず自分に合ったバイトを選べば解決するよ

バイト中だったり、店長やバイト仲間と話しているときにふと・・・「あ、このバイト合ってないな」と思うことは多いと思います。

僕も過去色々なバイトをしましたが、ほとんどのバイトで合わないと感じてきました。

それでどんどんバイトを辞めては始めてを繰り返して気づいたことをご紹介していきたいと
思います。

バイトが合わない原因はたった1つ

「なんで私は合わないバイトを選んでしまったんだろう・・・」と後悔しているかもしれませんが、バイトが合わない原因としては”バイトの選び方”がいけなかったことです。

  • 自分の性格に問題がある
  • 店長の性格が悪い
  • 自分に合った仕事内容じゃない

と感じる人は多くいるんですが、原因は全てバイトの選び方にあります。

他人のせいにしたい気持ちも分かるんですが・・・そこは、しっかり選ばなかった自分が悪いということを認めることが理想的なバイトと出会うためのポイントです。

僕もずっと他人のせいにしたけど、しっかりと自分を見つめ直したら簡単に自分に合ったバイトが見つかったよ

でも、大丈夫です。僕が今まで理想的なバイトを見つけることに成功したバイト選びの必殺技を紹介するので・・・自分に合ったバイトが見つかりますよ!

自分に合ったバイトの選び方と合わないバイトの選び方

自分に合ったバイトの選び方と合わないバイトの選び方をご紹介していきます。

自分に合ったバイトの選び方

結論からいうと・・・自分の強みと理想をしっかりと理解することが理想的なバイトを選ぶための唯一のポイントになります。

福丸

自分の強みくらいしっかり理解できているよ!

いや、自分の強みっていうのは認知バイアスというもので脳の中ですり替えられているんだよ・・・

認知バイアスとは、認知心理学や社会心理学での様々な観察者効果の一種であり、非常に基本的な統計学的な誤り、社会的帰属の誤り、記憶の誤りなど人間が犯しやすい問題である。

引用:Wikipediaより

認知バイアスというのは・・・簡単にいうと、自分が思っているように思考が誘導されてしまうことです。

例えば、「このカバン好き!」と思ってしまうと自分の頭の中からマイナス要素(高い、不便など)を無意識に消してしまって・・・どうにかして自分を正当化して買ってしまうなど経験はないですか?無意識に正当化してしまうことを認知バイアスといいます。

バイト選びで言うと、自分は他の人よりもワイワイ盛り上がるのが好きだと思っていたから居酒屋でバイトしたら着いていけないくらいテンションが高くて「このバイト合わないな・・・」と思ってしまうのは認知バイアスが働いてしまっているのが原因になります。

別に認知バイアスはいけないことじゃないんだけど、考えが全部感情的になって冷静さを失っちゃうからどうしても理想的なバイトに出会いにくくなってしまうんだよね。

なので、認知バイアスをいかに働かせないで自分に合ったバイトを探す作業が必要になります。

自分の強みを客観的に判断できる方法と選び方をご紹介していきます。

  • STEP.1
    グッドポイント診断で自分の強みを診断する

    自分の強みを診断してくれるものをたくさん使ってきましたが・・・間違いなくグッドポイント診断という自分の強みを教えてくれるサービスが一番効果的で信憑性が高かったです。

    これはたくさんのアンケートに答えるだけで18個のうちから自分にもっとも合っている性格を5つ教えてくれるものです。

    リクナビが提供しているサービスで無料登録するだけでできるから試してみてね!3分くらいの登録の後にマイページからグッドポイント診断が使えるようになるよ!

    グッドポイント

    >> グッドポイント診断で自分の強みを診断する

  • STEP.2
    アンケートに答えて自分の強みを知る

    無料登録が完了したらアンケートに答えていきます。

    かなり質問の数は多くなりますが、詳細まで自分の強みを教えてくれるので時間の空いているときに試してみてください。

    20分弱で診断が完了するよ!
  • STEP.3
    自分の強みを元にバイトルでバイトを探す

    そして、診断が完了したら自分に合ったバイトを探していきます。

    色々な求人アプリを使ってきましたが・・・バイトルが一番おすすめです。

    僕もバイトルを使って理想的なバイトにめぐり会えたよ!

    バイトル - バイトの求人情報・アルバイト探しアプリ

    バイトル – バイトの求人情報・アルバイト探しアプリ

    無料posted withアプリーチ

     

    バイトルの中にこだわり条件というのがあって、100近い項目から自分にあった条件を簡単に見つけることができます。

    このこだわり条件で自分の強みにあった項目を選んでいくのが理想的なバイトを見つける上で一番重要になります。

  • STEP.4
    気になるバイトから自分にあったバイトなのかを確認する

    そして、こだわり条件で提案されたバイトの中から自分が一番気になるバイトを見ていきます。

    詳細にどんな職場環境だったり、仕事内容、男女比、年齢層まで分かるので自分が働きたいと思う環境なのかが一瞬でわかります。

  • STEP.5
    理想のバイトに巡り会う

    そして、STEP.3とSTEP.4を繰り返しているうちに「これだ!」というバイトが見つかります。

  • この手順で僕は理想的なバイトにたくさん巡り合ってきました。

    この方法で探すと自分の思っていた通りの職場環境、人間関係に近いバイトであることがほとんどなのでコロコロバイトを変える必要がなくなりますよ!

自分に合わないバイトの選び方

この記事を見てくれているほとんどの人が自分と合わないバイトを選んでしまっている人たちだと思います。

そういう人は、バイト選びの時に

  • 時給
  • 男女比
  • 場所・駅
だけで判断してしまうんです。

逆にこの3つで何がわかりますか?この3つがいいからといって自分の頭の中を無意識的に正当化(認知バイアス)して応募して・・・自分に合わないバイトで後悔してしまう場合がほとんどです。

特に時給と男女比は経験上認知バイアスが働きやすくて、「時給が高いから長い時間働かなくて済む」とか「出会いがあるかもしれない」と思ってしまうんです・・・。

当てはまっちゃっている人はネガティブに捉えずに自分にあったバイトを選んでください。

僕もゴリゴリに認知バイアス働いた状態で応募して何回も後悔してるからね。笑

でも、その経験からバイトの選び方を学んだよ!

違うと思ったら辞めて正解

この選び方で理想的なバイトを見つけた人も多いと思いますが・・・今やっているバイトを辞めるべきなのか?我慢して続けるべきなのか?と感じる人も多いと思います。

答えとしては・・・辞めて正解だと思います!

バイトを変えるのは悪いことでも間違いでもないです。新しい環境で自分を磨くいい機会だと思うことで、より自分の理想に近いバイトを見つける第一歩ですから。

合わないバイトを続けるよりも理想的なバイトで自分の強みを活かせる働き方をできた方が自分にとってもお店にとってもいいことですからね!

>> バイトを辞めたいけど言えない?簡単に言える理由と状況など辞め方のアドバイス

まとめ

今回はバイトが合わないと感じる人へのアドバイスをしました。

たくさんのバイトでの失敗があるからこそ、伝えられたことも多いと思います。

ぜひ参考にしてくださいね!

では、また・・・