断れない性格を克服する方法と原因

時間の無駄ということが分かっているのにどうしても”No”と断ることが出来なくて後悔してしまう人が多いと思います。

僕もそのうちの一人だった!

ですが、原因と対策をしっかり取ることで誰にでも気にせずに誘いを断ることができます。

断れない性格を克服するたった3つの方法

図で表すと・・・

実は僕も昔は断ることのできない性格でしたが、今ではほとんどの誘い(飲み会や遊び)に断っています。

そこでしっかりと断ることが出来るようになるために実践した3つの方法をご紹介していきます。

時間は財産であることをしっかりと理解する

図で表すと・・・

Untitled5

”時間”を意識をすることは、断る勇気を手に入れる上で必ず必要になります。

金や物、権力など世の中には失いたくないものがあります。きっと今あなたは1時間という時間よりも財布の中身の1000円の方を大切にすると思いますが・・・断れる勇気を持っている人たちは1時間を大切にします。

この世の中で時間だけが一度失ったら、戻すことが出来ないことを知っているからです。

金、友達、物などほとんど全ての物は一度失ってももう一度手に入れることが出来ます。

僕にとって嫌な誘いをOKすることは相手に財布の中身を普通に渡しているのと同じ感覚
MEMO
もしも時間の価値をまだあんまり理解していない人はこちらの本が参考になります。

※今ならKindleUnlimitedの無料体験で読み放題です。

  • 時間の大切さがあんまりピンと来ていない
  • 成功者はどう時間を使っていたか
  • 断ることの大切さ

を論理的に理解できる本になっています。

断る勇気を手に入れる

図で表すと・・・

Untitled3

まぁ誘いを断って嫌われることなんてないと思いますし、もしも本当に嫌われたならその人とは関わる必要もないと思いますが・・・誘いに断るためには勇気が必要なのも事実です。

相手に時間をあげることがどんなに無駄で意味のないことなのかをしっかりと理解した方がいいよ

勇気を手に入れる時は、どれだけ無駄で意味のないことなのかをしっかりと理解しましょう。

福丸

もしも断ったら出来ること、やりたいことを想像するといいよ

そうすると自然と口からNoと言えるだけの勇気を手に入れることができます。

反対に今まで誘いにYesと答えて来た人のほとんどは無理矢理相手を正当化させたり、省かれる恐怖を考えていたと思います。

今まで誘いに「OK」と答えて他人に簡単に時間をあげていた・・・いわゆる他人の人生を送るのではなく、自分の人生を送る勇気を手に入れることが出来ます。

断れないことで自分が相手の人生を生きているってことをイメージすることが一番僕にとっては効果的だった

断る理由を作る

図で表すと・・・

Untitled4

断る理由は”時間がない”ことを理由にしましょう。

本当でも嘘でも時間がないことを理由にすることが一番手っ取り早いです。

他のことを理由にすると問い詰められたり、相手も嫌われているんじゃないかな?と思われたりすることもあるので・・・

「ごめん、忙しくて時間取れない」

「帰ってやることがあるから今日の飲み会には参加できません」

などシンプルな答えの方がいいですよ。

僕もそうだったんですが、断ろうとするとどうしても複雑で相手を納得させる理由を考えてしまうんですが・・・そっちの方が相手に不快感や疑問を与えてしまうので、シンプルに断った方がいいです。

MEMO
もしもこれで相手からの誘いが一切なくなったら元からあなたのことをあんまり好んでいないということで、関わる必要性は全くありません。

なんで断れないのかをしっかりと理解する

まずはあなたがなんで誘いを断ることが出来ないのかをしっかりと考える必要があります。

  1. 気が弱いだけなのに自分が優しいと勘違いしている
  2. 人から好かれたい
  3. 時間の大切さに気づいていない
  4. 相手に怒られるかもしれないと思っている

きっとこの4つの中にあなたが断れない理由が入っていると思います。

共通する点としては、”気が小さい”ということです。誘いに対してNoと言えない理由の大きな原因になっていることをしっかりと認めましょう。

短所を認めて変えようとすることが大切だよ

成功者はNoと言い続けている

成功者の人たちは時間の大切さをしっかりと理解しながら行動をしているので、どんなに楽しいことでも自分にとってプラスでないと判断したらNoと言い続けてきました。

例としてあげると・・・

一点集中とは「No」と言うことだ

スティーブ・ジョブズ

成功した人と大成功した人の違いは何か・大成功した人は、ほぼすべてのことに「No」と言う。

ウォーレン・バフェット

「何が何でもYes!」ではないものには「No!」と言うこと

ジェイムズ・アルタチャー

厳選するとこのような感じで成功している人のほとんどはNoと言い続けています。

まぁここまで忙しい人たちなら納得するかもしれませんが、一度Noと言ってみることは大切です。

直接断るのはちょっとまだ勇気が足りない人はLINEを使って断ってみることがおすすめです。断るのに自分から慣れていきましょう。

遊びやデートの断り方完全版:断り続けてきた私が教える本当のテクニック

断れる人の方が幸せという研究結果が出ている

海外のザ・クルーズ・グループによる研究によると、

時間をくれという依頼を日常的に断っている人のほうが、自己申告による幸福感と気力が高い

ということが分かっています。

人にNoと言い続けることは一見自分まで気を悪くすると思いがちですが、日常的に断ることに慣れていることで

  • 他人よりもストレスを感じない
  • 開放感を感じている
  • 人の意見に流されにくい

という3つの観点から見て、人よりも自由に生きていることが分かりますね。

普段から断れない人は人の目を気にして、自分の好きなことが出来なかったり縛られているように自分で感じているのかもしれませんね。

もしも幸せになりたいのなら相手を気にしないでNoと言えることが大切になります。