曇りの日の写真の撮り方とコツ!曇りの方がいい写真が撮れる?ガッカリしちゃだめ!

Tatsuya

みなさん,こんにちは!曇りの日で写真撮るのが一番得意なTatsuyaと

福丸

福丸です♪

写真を撮りに行く前日に寝る前に”晴れ”を期待して寝て,朝起きたらどんよりした曇り・・・よくありませんか?

こんな時ちょっと残念な気持ちになりませんか?雨よりガッカリすることはないけど・・・

 

しかも,曇りの日に写真を撮りに行くといつも上手く撮れない・・・「太陽の光がないせいで!」なんて思っている人は多くいるんではないでしょうか?

 

しかし!!!

 

曇りも,うまく利用してしまえば素晴らしい写真を撮ることができます。なので,曇りだからと言って写真を撮りに行くことをやめてしまったらもったいないですよ。

今回は曇りの日の写真撮影についてお話ししていきます!

福丸

お話していきます!

曇りの日の写真への影響

さっそく曇りが写真にどんな影響を及ぼすのかについて,お話ししたいと思います。

光の量

曇りの日は,晴れの日と違い光の量が違います!

 

晴れの日は太陽の光がしっかりと出ていますが曇りの日は太陽の光がほとんどないです・・・ここまではみなさん「そんなの分かってるよ!」と感じている人もいるんではないでしょうか?

 

しかし,写真にどのような影響を及ぼすかは意外と意識できていないことが多いです。

 

曇りの日が写真に及ぼす影響は,

曇りの日太陽が出ていない被写体に光が当たらない影が出来にくい

 

曇りの日は影が出来にくいんです・・・これって当たり前かもしれませんが意外と写真を撮っている時って意識されていないことが多いんです。

Tatsuya

知ってるわ!じゃなくて、写真を撮っている時に頭の中に”影が出来ない”ってしっかり考えて撮れているかが大切なんだよ!

福丸

意識♪意識♪

影の種類

次は影の種類です。影の量が変わってるのは理解していただけたと思います。

 

大事なことは影の量が変わることによって,被写体に出来る影が柔らかくなる!!!

ということです。

晴れの日の写真

影が柔らかい状態を説明するのは,少し難しいですが写真がふわっと優しい雰囲気になります。

こちらは晴れの日に撮った写真なんですが・・・光の量が多いので影がたくさん出来ていますよね!

曇りの日の写真


曇りの日に撮影した写真です。

いっけん特に違いがないような写真に見えるかもしれませんが,影の量を比較してみて下さい!全然違いますよね!

 

そして,影の量が違うので写真全体がふわっと優しい雰囲気になるのが分かりますか?

この優しい雰囲気というのは,見ている人からすると

・哀愁のある

・少しほっこりする

という風な効果も写真に出てきます。

福丸

曇りの日って意外とアリかも!

Tatsuya

でしょ!?曇りでガッカリするのもったいないんだよ・・・。

コントラストが変わってくる

光の量によって,影の量が変わるとコントラストの大きさも変わってきます。

福丸

コントラストってなに?

Tatsuya

写真の明るい場所と暗い場所の明るさの差のことだよ

 晴れの日はコントラストが大きく写真の明るい部分,暗い部分の差が大きくなる

 曇りの日はコントラストが小さくなり写真の明るい部分,暗い部分の差が小さくなる

福丸

曇りの写真はコントラストが小さいから写真全体が優しい雰囲気になったんだね!

これはとても大切なことなので写真撮影をする時の天気で撮り方を変えてみて下さい。

晴れの日を無駄にしない写真の撮り方とコツ!意外とやれていない・・・

曇りを活かす写真の撮り方

それでは,曇りの日を活かすにはどうすればいいのかお話ししていきます。

露出を変える

先ほど曇りの日はコントラストが低く,明るい部分と暗い部分の差があまりないのっぺりした写真になってしまいます。

しかし,その原因は露出にあります。

 

出来るだけ露出(明るさ)を明るめにすることで写真全体に濁った雰囲気がなくなります。

シャッタースピードを長くすることで写真が手ぶれしてしまったりする恐れもあるので,ストロボを使ってフラッシュを使うのもオススメです!

福丸

なんでストロボを使う必要があるの?

Tatsuya

シャッタースピードを長くしてもいいんだけど、それだと手ブレが起きたり細かい場所に雑味が出ちゃうんだよ・・・。

三脚を使うのが理想的だけどね!

 オススメのストロボ 

ホワイトバランスを晴天日陰にする

またホワイトバランスも晴天日陰にしてあげることで温かい色味になります。

温かい色味にしてあげるだけで,写真の雰囲気はまったく変わりマイナスの要素がプラスの要素に変わります。

 

問題はです。

曇りの日の雲は特徴がないことが多く,空を撮っても全て同じ雰囲気になってしまいます。

特徴がないのが嫌な人は雲を写さないように写真を撮るのも1つの手ではあります。

 

でも,写真の脇役として雲を入れてあげることで雰囲気が出ますし・・・

きっと撮った写真は,温かい色味をした優しい写真になります

霧を存分に発揮してあげる

写真家さんは,晴れよりも曇りの日に写真を撮ることが多いです。

なぜかと言うと,”霧”です。

福丸

”きり”かぁ〜

Tatsuya

まぁ曇りの日の中でも限定されちゃうのが残念なポイントだけどね!

この霧って最大限発揮してあげるだけで,”怖さ””不気味””謎”の3つの要素を表現することが可能になってくるんです!

 

「じゃあ,そのためにどうすればいいんだ!」って話ですよね。

カメラ初心者におすすめしたい本ランキング10!写真の撮り方と一眼レフが分かる!

スポンサーリンク

曇りの日に写真を撮ってみた

 

では,私が曇りの日に撮った写真を紹介します。

Tatsuya

上手いかどうかは置いておいて、曇りと霧を頑張って活かしてみたよ!

 

こちらの写真です。

最初は難しいですが段々と体に”曇りの日の撮影ルール”というのが染み込んでいくので写真撮るのみ!です。

Tatsuya

撮影ルールは今まで話してきたことね!

福丸

ここはどこ?

Tatsuya

日光にある中禅寺湖っていう場所で撮ったものだよ!

福丸

ホワイトバランス晴天日陰じゃなくない?

Tatsuya

ホワイトバランスは晴天日陰にしなかったよ!柔らかい写真よりも不気味で興味をそそるような写真を撮りたかったからね!

良い写真を撮る近道

写真を上手くなりたい人や趣味として楽しみたい人におすすめなのは、

今撮った写真をしっかり現物にして保存しておくということです。

 

どうしても写真は失敗したらすぐに消してしまいがちですが、しっかりフォトブックなどにして撮っておくことで

今までの自分の写真技術の成長を振り返ることができます。

福丸

下手な自分から目を背けちゃダメなの?

Tatsuya

上手だと思っていたとしても半年後にもう一度写真を振り返ってみると、反省点がたくさん出て来るよ!

出てきた反省点を改善できるようになったらみるみる写真が上手くなっていくよ。

フォトブックにするならこちらのアプリがおすすめです!

毎月1冊もらえるフォトブック印刷 ノハナ(nohana)

毎月1冊もらえるフォトブック印刷 ノハナ(nohana)

nohana, Inc.無料posted withアプリーチ

福丸

え、毎月フォトブックをもらえるの?

Tatsuya

うん!勉強にもなるしインスタに投稿してもかなり魅力的になること間違いなし!無料だしインストールしておいて困ることなし!

最後に

 

今回は,曇りの写真についてお話ししました。これで,曇りの日も写真撮りたくなりましたか?

福丸

もう曇りの日にしか外に出ない!

Tatsuya

曇り限定!?笑

まずは,外に一歩踏み出して曇りの良さを見つければ,より楽しい写真生活になると思いますよ。

Tatsuya

最後まで読んでくれてありがとう!

晴れの日の写真の撮り方雨の日の写真の撮り方もあるからぜひ読んでみてね。

 

では,また・・・