大学生におすすめしたい自己啓発本30選!人生を変える本に出会える!

スポンサーリンク









みなさん,こんにちは!シャルンと

福丸
福丸です♪

 

この記事を見ている人は,

”自分の人生に満足していない・つまらない人”が多いかもしれません。

大学生って,楽しい人・楽しくない人色々います・・・実際私も楽しくないです・・・

 

ですが,私は自己啓発本に出合いこうしてインターネットというメディアを通じて情報を発信しています。

 

夢・目標もあります。

これはつまらない大学生活を送っていた私が出会った自己啓発本たちのおかげなんです!

 

つまらない・楽しくない人たちにはぜひ読んでほしいですし,

大学生活のうちに自分の力にしてほしいです!

 

それでは,早速ですが

人生を変えてくれる自己啓発本たちをご紹介していきます。

成功者はゴミ箱の中に

世界1のファストフード店”マクドナルド”を作ったレイ・クロックの自伝です。

 

52歳に運命的な出会いをして,マクドナルドを世界的な企業にする物語を全て1冊にした本。

この世界で継続ほど価値のあるものはない。

才能も違う。天才も違う。教育も違う。信念と継続だけが全能である

自分も頑張らなくちゃ!そう思える一冊です。

嫌われる勇気

「他人の目が気になっちゃう」,「挑戦しようとしてもマイナスな自分がいる」というちょっと気が弱い人に読んでほしい。

他者もまた「あなたの期待を満たすために生きているのではない」のです

人の目を気にしても何もない,自分が思っているより他人は他の人を気にしていない・・・そんなことを知っていても

行動出来ない自分がいませんか?

 

きっと変われる本です。

金持ち父さん貧乏父さん

バイトという実働から,お金を働かせることを可能にしてくれる一冊。

 

将来的に不安に思っていたり,フリーランスや起業したい人は読んでおく必要があります!

中流以下の人間はお金のために働く

金持ちは自分のためにお金を働かせる

お金の仕組みが分かり,考え方が変わります。

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

第40代ウルグアイ大統領のホセ・ムヒカの日本人の心に失った何かを教えてくれる本です。
自分の給料の約9割を社会福祉基金に募金する男の考え方が・・・凄い

貧乏な人とは,少ししかものを持ってない人ではなく,無限の欲があり,いくらあっても満足しない人のことだ。

君たちはどう生きるか

生きていくのに不安で迷っていたり,決めきれない人のためへの一冊。

実は,この本は初版は戦前の1937年で現代にも自己啓発本として残る名著。

正しい道にしたがって歩いてゆく力があるから,こんな苦しみもなめるのだ

7つの習慣

今ままでの”ものの見方”や”考える方向性”全てを変えさせられる一冊。

自分を変えたい!本気になりたい時に読むと本当に意味が分かる本です。

自分の身に起こることに対して自分がどういう態度を示し行動するかは,自らで決めることができる。

やり抜く力 GRIT(グリット)

目標・夢に向かってやり抜く力を付けるために必ず必要となる一冊。

続かない人や継続をする方法を知りたい人におすすめ!

自分のやっていることを心から楽しんでこそ「情熱」が生まれる。

私がインタビューをした人びとはいずれも,自分の仕事のなかで,あまり楽しいとは思えない部分をはっきりと認識しており,多くの人はちっとも楽しいと思えないことも,少なからず我慢していた。

とはいえ全体的には,目標に向かって努力することに喜びや意識を感じていた。だからこそ彼らは,尽きせぬ興味と子どものような好奇心をもって「この仕事が大好きだ」と言う。

はしゃぎながら夢を叶える世界一簡単な法

楽しいことで夢を叶える人は段々増えています。

そんな中であなたも好きなことをして楽しく夢を叶える手助けとしてこの本を活用すれば夢へのヒントになります。

自分に使ったお金をムダ使いと思うのは,自分を「ドブ」と決めつけているようなものです。

それではいくら頑張っても永遠に豊かになれません。

少しビジネスな視点で夢・目標に向かって進むためのアドバイスになっています。

世界の大富豪2000人がこっそり教える「人に好かれる」極意

才能や運で成功は決まるという人はぜひこの本を読んで人との関わりを大切にしてほしい。

友達が少なかったり,大学が楽しくない人はぜひチャレンジすることを覚える大切なことを教えてくれる一冊。

どんなに悪いことの中にも,幸運が,必ず3つはあるんだよ

仕事は楽しいかね

とても読みやすい本で,自分のやりたいことをやるまでに必要な過程などを分かりやすく教えてくれる一冊。

 

根本的な考え方なども分かるので最初の一冊に最適!

世の中は,きみの目標が達成されるまで,じーっと待っていたりしない

”仕事は楽しいかね?”はシリーズ化しているので,シリーズ通して読むのがおすすめです。

反応しない練習

他人の声に反応していて,自分でも気にしたくないのに気にしちゃう・・・

 

悩みの大半は他人によるもの。そんな悩みを効率よく消す方法が分かります。

「こうでなければ」という,自分の人生や,相手への期待も,それだけならただの「判断」。

それはアタマの中にしか存在しないから「妄想」です。

ゼロ

ホリエモン著書の”ゼロ”。

なにもできない自分,勇気のない自分に小さな一歩を踏み出したい人へのホリエモン流のアドバイス。

 

ゼロになることは,みんなが思っているほど怖いものではない。失敗して失うものなんて,たかが知れている。なによりも危険なのは,失うことを恐れるあまり,一歩も踏み出せなくなることだ。これは経験者として,強く訴えておきたい。

Google Boys グーグルをつくった男たちが「10年後」を教えてくれる

新たな世界を作ったと言っても過言ではないGoogleの2人の男(ラリー・ペイジ,セルゲイ・プリン)の考え方や意見を
まとめた一冊。

僕が夢を持ったのは二十三歳のときだ。

ぱっと目が覚めたとたんに思いついたんだよ。

ウェブすべてをダウンロードして,リンクを保存しておけたらと。

天才ちは努力を続けられる人のことであり,それには方法論がある

よく努力を続けられる人が天才になるという言葉を耳にすることはありませんか?

そんな言葉の意味となるための方法が書いてある一冊なのですが,
継続の大切さが痛いほどわかります。

 

そして,著者は東大を主席で卒業している方なので天才と努力の説明の説得力が違いました。

私を含め,東大においても,努力が不必要な「天才」には,少なくとも,私は出会いませんでした。

うまくいっている人の考え方

ちょっと焦っている人や何事も気分が載らない人のための
自分をもう一度見直すための本。

 

甘い自分に対して,気が引き締まる!

他人から期待されている人生ではなく,自分が望む人生を歩むことが大切だ。

「他人の目」が気になる人へ

他の人の視線が気になって何をするにしても,
堂々と行動出来ない人に向けての一冊。

 

今自分が怯えていることが本当に無駄なことだということが分かる!

人の評価に一喜一憂するのは「他人軸」に振りまわされ,過去にとらわれること。それより「自分軸」を大切にして,いま自分が心地よいことをしよう。つまり,今を生きよう。

「社会のゴミ」と言われたボクだからわかる『人生を変えるコツ』

「今の自分が世の中で最低だ」
「結局才能なんでしょ」

なんてネガティブなことを言っている人の意見をガラっと変えてしまう一冊。

人間には,さまざまな人生があります。

100人いれば100通りの人生,

1億人いれば1億通りの人生があります。

しかし,今どんなに不遇の中にいても,

絶望の淵に立たされても,必ず幸せを掴むことができます。

HONDAの技術革新を支えた”超!目標達成法「9つの質問」

自分の掲げた目標地点までの過程や方法が分からない人におすすめ。

 

難しそうな本ですが,たとえ話とかも交えてお話ししているので分かりやすいですよ!

ゴールへの最短距離を”今ここで”見たくはないか?

一流の人に学ぶ 自分の磨き方

大学生活で自信を持てな人,自分の能力を勝手に決めつけている人はこの本を読んで勇気を付けて欲しい。

 

自分を磨こうとすることで自信に繋がり,結果に繋がってくる!

一流の人は「成長しなければ滅びる」という哲学で生きている

結局,「すぐやる人」がすべてを手に入れる

なにも出来ない人に今すぐやらなければいけない!という背中を押してあげるための一冊。

 

「行動する」という大切さ難しさを踏まえて,すぐやることの方法が分かります。

成功する人と成功しない人の違いに,実は大きな差はありません。能力や知識や学歴などは確かに違いますが,人生そのものを左右する大きな差ではないのです。

そうはいっても,成功する人,周りから評価・信頼される人たちと,そうでない人たちの間には,確実に「ある違い」が存在しています。

それは何か?

それは「すぐ行動に移せるかどうか」です。

20代の生き方で人生の9割決まる!

20代の人,これから20代になっていく人にぜひとも読んでおいてもらいたい一冊。

 

余裕のある人も焦りのある人も自分がどんな人間になりたいかイメージを持っておくことで

20代のうちで夢を叶える大きな一歩になる!

大卒じゃない,あるいはマイナー大学卒だって,コンプレックスを持つ必要はまったくない。

スティーブ・ジョブズは大学中退だった。

話すことが怖い。でも一人にはなりたくないんだ。

学校やアルバイトで人間関係が上手くいかない人に読んでもらいたい一冊。

 

自分で自分を諦めている人たちは,その中にある本当は自分がだれかと関わりたいと思っているかもしれません!

 

そして,この本を読むことで自分の勇気にもなっていきます。

コミュニケーションは,単に人と上手に会話ができることだけじゃない。

言葉によって教えられたり,希望をもらったり,勇気の灯になったりする。

そうして,本当の人間関係をつくるためにあるものです。

悪魔とのおしゃべり

自分自身を”ダメ””無能”なんて思っている人は,これを読んで考え方を変えた方がいいです。

幸せになるために感謝するのではなく,感謝している間が幸せ。

 

神さまのおしゃべりと違う観点で書かれた「悪魔とのおしゃべり」という本もあります。

多動力

多くの人がおすすめしてしまうほど芯の捉えた話をしてくれる本。

大学生という時間を無駄にしている人はぜひ読んで自分を変えるべきです。

成功している社長にはバカが多い。バカだから「恥ずかしい」とか「失敗したらどうしよう」などという「感情」を通り越してやってしまう。

小利口な人間があれこれ考えて行動を起こせずにいる間に,手を挙げるバカがチャンスを手にするのだ。

超一流になるのは才能か努力か?

成功したい大学生は多いですよね。というか,ほとんどの人は成功したいと思っているはず!

そんな中で,才能か努力か分からないことも多いのも事実・・・

みなさんの”才能”という概念のあり方を変えてくれる!

人間の潜在能力という貯水池は,生まれつき容量が決まっているという考えは成り立たなくなった。そうではなく,潜在能力という水瓶は,われわれが人生を通じて何かをするかによって形が変わり,いくらでも容量を増やしていくことができる。

夢をかなえるゾウ

とても読みやすく,夢をかなえるのに必要な信念などをお話ししてくれる一冊。

ゾウの関西弁がなぜかシュールで引き込まれちゃう!

自分らは,お金も,地位も,名誉も,自分で手に入れる思てるかも分からんけど,ちゃうで。むしろ逆やで。お金は他人がお前にくれるもんやろ。

大ヒットした”夢をかなえるゾウ”はシリーズ化しているので,全部読んでみる価値あります!

人生の「主役」はあなたです

自分の自信を引き出してくれて,やる気が出る一冊。

自分の人生とは?という視点から自分がいまなにをすればいいのかを考えさせられます。

力を抜いて,一緒に楽に,流れを変えていきましょう。

無敵モードで,すべてがうまくいく!そんな人生が始まります。

人生を変える言葉2000

自分が好きな言葉,座右の銘となる言葉を探したい!っていう人にとっておきな一冊。

きっと自分の背中を押してくれる言葉が見つかる!

色んな著名人,偉人の名言をまとめてくれている本なので,きっと自分の気に入る言葉が見つかる!

内向型を強みにする

学校で友達がいない,話したくても内向型だから自分ではできない・・・
そんなネガティブを変えて”強み”にしてしまう本。

 

内向型の方が強い!やれる!
内向的な人に読んでもらいたい一冊です。

 

そして,自分が内向的か外向的かの判断も出来ますよ!

内向的であることへの羞恥心が消えたとき,そのことがいかに大きな効果をもたらすかを,私は知っている。

人を動かす

自分が今後リーダーとなり,みんなを引っ張っていきたいと少しでも思っている人や
人を動かす人たちの考え方を知りたい人におすすめの一冊。

人を動かす秘訣は,この世に,ただ一つしかない。すなわち,自ら動きたくなる気持ちを起こさせること―これが,秘訣だ。

スポンサーリンク