斜光にすると被写体が立体的に!?

みなさん,こんにちは!!!

 

みなさんは写真を撮る時,以前紹介した「順光」,「逆光」,「サイド光」のどの光を好んで使っていますか?

 

私が,オススメするのは今回紹介する斜光というものです.

 

写真は光がないと撮れません.逆に言うと,写真を撮る上で光をうまく駆使しているかどうかが写真にかなり影響してきます.

 

今回は,その中でも斜光についてお話ししていきます.

 

斜光とは?

 

まず,斜光というのはどういった光かわかりますか?

 

斜光というのは,

 

斜めから入ってくる光です.

 

これは,撮影者ではなく被写体に対して斜めに入ってくることを言います.

 

このことを抑えておく必要があります.

 

サイド光との違い?

 

 

サイド光との違いは,光が入ってくる角度の違いにより起こる影のでき方が違ってきます.

 

それは,どのように写真に影響するかというと

 

立体的になるかどうかの違い

 

にあります.

 

サイド光の場合,真横からの光のため被写体の真ん中を境に,光が当たっている部分と当たっていない部分が出来てしまいます.

 

しかし,斜光の場合は斜めからの光のため,

 

しっかりと色も写る+立体的になる

 

という特徴を持ちます.

 

この説明は下の図のようになります.

 

こちらの図はサイド光か斜光どちらかわかりますか?

 

正解は,・・・斜光です.

 

先ほど説明した通り,被写体もしっかりと色が出ていて影が出来ることによって立体感も出ます.

 

つづいて,この図はサイド光か斜光どちらかわかりますか?

正解は,・・・サイド光です.

 

さっき斜光だからこれはサイド光だろ!とか無しにしてください( ̄▽ ̄)笑

 

 

サイド光は,色が半分しかしっかり写らないという特徴があり影も真横に出来るので少し立体感が足りないかなという印象を受けます.

 

写真を使い解説

 

 

私のインスタグラムの以前の投稿で斜光で撮ったものがあったので紹介します.

 

この姫路城の写真,斜めから光が当たっているのが分かると思います.(福丸の後ろ姿が松ぼっくり・・・笑)

 

後ろ姿ですが,しっかり色が写っていると思います.なおかつ,斜光のおかげで立体的な写真が撮れたかなと思っております!

 

最後に

 

今回は,斜光についてお話ししました.

 

サイド光との違いが少しわかりずらかったかもしれません...なので,実際に写真を撮ってみて違いを見つけて使い分けてみて下さい(´・ω・`)

 

では,また・・・