【iPhone】おすすめ自撮り棒と有線・無線の違いをご紹介!

Tatsuya

皆さん、こんにちは!Tatsuyaと

福丸

福丸です!

 

最近多くの観光地や施設に遊びに行くと、自撮り棒を持っている人がいますよね!

福丸

若い学生は特にね!

Tatsuya

まぁそれだけ写真が撮りやすいし誰か一人が写真に映らない事態がなくなるからね〜

自撮り棒には、

遠隔操作できるBluetoothリモコン付き自撮り棒

持ち手にボタンが付いている自撮り棒

がありますが・・・

「どっちがいいの?」

「決められない・・・」

っていう人のために、それぞれのメリット・デメリットをまずご紹介します!

 

その後でそれぞれ自撮り棒のおすすめをランキング形式でご紹介していきます。

福丸

紹介していきます!

有線(ケーブル)と無線( Bluetooth)の自撮り棒の違い

自撮り棒を選ぶ際に誰もが通るのが、

有線にするか無線にするか!

福丸

迷いポイントだよね・・・。

それぞれのメリット、デメリットを把握しておくことで自分にあったタイプの自撮り棒を選ぶことができます!

有線とは?

自撮り棒にケーブルが繋がっていて、それをiPhoneに繋げることで使用することができます。

福丸

接続とかいらないの?

Tatsuya

ケーブルを接続するだけでスマホと接続されるからかなり便利なのよ!

有線のメリット

接続がめちゃくちゃ簡単

安価なものが多い

有線のデメリット

使っていない時にケーブルが邪魔になる

iPhoneとスマホでケーブルが違う

種類が少ない

無線とは?

ケーブルを使用しないでiPhoneと自撮り棒を接続することができるのが無線です。

福丸

なんで繋がるの?

Tatsuya

Bluetoothを使っているから繋がるんだよ!

無線のメリット

高性能なものが多い

ケーブルがない分コンパクトで荷物になりにくい

種類が豊富

無線のデメリット

少し高価なものが多い

接続するまでの時間が有線より長い

 

以上が有線、無線の特徴です!

それでは、有線、無線それぞれ種類別でおすすめの自撮り棒を見ていきましょう!

福丸

見ていこう!

無線( Bluetooth)のおすすめ自撮り棒

LENDOO

ここまで万能な自撮り棒は珍しいです!

iPhoneだけじゃなく、Goproやアクションカメラにも対応しています。

さらに三脚としても使うことができるのもちょっとした魅力です!

 

Tatsuya

三脚をメインに使うには、物足りないけどね!三脚を探すときはこっちの記事がおすすめ!

【iPhone】三脚のおすすめ種類別15選をご紹介!くねくねやゴリラポッドからセルカ棒まで!
ここがポイント!

 取り外しが自由なBluetoothリモコン

20cm~80cmまでの伸縮可能

雲台360度+クリップ225度動く自由度の高さ

本体重量:378g

YUNTENG

人気の三脚&自撮り棒!

三脚としても使いたいと思っている人におすすめしたいほど、作りがしっかりしています。

Tatsuya

Bluetoothリモコンは最大で20時間ほど使えるよ!

福丸

20cmのコンパクトサイズだから旅行で持っていきたい自撮り棒だね!
ここがポイント!

 取り外しが自由なBluetoothリモコン

20cm~100cmまでの伸縮可能(6段階伸縮)

雲台360度&クリップ180度動く

本体重量:235g

TaoTronics

コスパの良い自撮り棒!

とりあえず、軽くて自撮り写真が撮りたい人におすすめ。

福丸

性能はあまり高くない?

Tatsuya

雲台部分も270度くらいまでしか曲がらないらしくて・・・自由度はあんまり高くないかな!
ここがポイント!

 Bluetoothボタン付き自撮り棒

20cm~80cmまでの伸縮可能

 1年間の安心保証

本体重量:150g

Tenswall

超コンパクトな自撮り棒!

いつでもカバンの中に入れておいてもなんの違和感もないほどです。

福丸

めっちゃ良いじゃん!重さも90gだし!

Tatsuya

そうなんだけど、どうしても最長でも67cmと少し短めなんだよ・・・だから、大人数で写真を撮りたいときには足りないかも。

2.3人とかなら超便利に使えるんだけどね!

ここがポイント!

 Bluetoothボタン付き自撮り棒

11.5cm~67cmまでの伸縮可能(7段階伸縮)

雲台360度動く

本体重量:90g

MOCREO

3段階調光機能がついている女性人気の自撮り棒!

小さいミラーもついているので写真を撮る前に確認することができます。

福丸

こりゃ女性に人気の自撮り棒だね!
ここがポイント!

 Bluetoothボタンつき自撮り棒

18.5cm~88cmまでの伸縮可能

雲台360度動く

本体重量:183g

DATONG

自撮り棒本体の大きさがあまり長くないので、三脚としても使いたい人におすすめ!

Tatsuya

かなり安定して写真とか動画を撮ることができるよ。

1回フル充電をすれば、5万回ものシャッターを切ることができる!

福丸

その前にスマホの充電が・・・
ここがポイント!

 取り外しが自由なBluetoothリモコン

20cm~68cmまでの伸縮可能

雲台360度&クリップ225度動く

本体重量:150g

スポンサーリンク

有線のおすすめ自撮り棒

AIQAA

有線のみでiPhoneとの接続になる自撮り棒です。

5種類もの豊富なカラーがあるので、自分の好きなカラーにしたい人はおすすめ!

福丸

後ろにミラーが付いてる!しかも、軽いね!

Tatsuya

iPhone8が148gだからスマホより全然軽い・・・笑
ここがポイント!

 有線のみの自撮り棒

13.7cm~69cmまでの伸縮可能

雲台210度&ホルダー360度動く

本体重量:109g

iPhone専用イヤホンジャック

SIDARDOE

自撮り写真が本格的になるLEDライトつきの Bluetoothリモコンつきの自撮り棒。

光の強さを3段階に調節でき、三脚としての機能も付いているので女性に人気が高い!

福丸

これなら昼でも夜でも外での撮影ができるようになるね!

Tatsuya

安心の18ヶ月保証もついているからね!
ここがポイント!

 取り外しが自由なBluetoothリモコン

18cm~81cmまでの伸縮可能

雲台360度動く

本体重量:142g

3.5mmイヤホンジャック

PHILIPS

アルミ合金を使っていて、かなり耐久性に優れている自撮り棒。

そして、1年間の安心保証があるので自撮り棒を買ったことがない人に向いている!

Tatsuya

でも、最長67.3cmだから2・3人用の自撮り棒だね!
ここがポイント!

 有線タイプの自撮り棒

18.1cm~67.3cmまでの伸縮可能

雲台270度動く

本体重量:106g

3.5mmイヤホンジャック

有線でも無線でも繋ぐことができる自撮り棒

Bodyguard

有線ケーブル or Bluetoothを使って撮影するの2つの撮影方法が選べる便利な自撮り棒!

また本体の重さが138gと他の自撮り棒に比べても断然軽い。

福丸

軽くて腕の負担を減らせるね!

Tatsuya

うん!長時間使いたい人におすすめの自撮り棒だね
ここがポイント!

 取り外しが自由なBluetoothリモコンと有線ケーブルの2つの撮影方法が選べる

25cm~95cmまでの伸縮可能

雲台360度動く

本体重量:150g

3.5mmイヤホンジャック

まとめ

 

今回はおすすめの自撮り棒についてご紹介しました。

色々な種類の自撮り棒がありますが、皆さんのお気に入りはありましたか?

福丸

もっといい自撮り写真が撮れるようになるね!

Tatsuya

間違いない!

 

では、また・・・