【ネタバレ感想】映画「ザ・ウォール」の世界観がすごすぎる!

福丸

福丸です♪

 

2017年5月に公開されたザ・ウォールを約1年遅れで見ました・・・。

もっと早く見ればよかった!

 

そこで今回は簡単なあらすじとザ・ウォールがすごいと思ったところをご紹介していきたいと思います!

10秒で分かる簡単なあらすじ

2007年イラク戦争中に砂漠に送り込まれたアメリカ軍スナイパー2人と相手スナイパーが繰り広げる不思議な世界観の映画。

撃たれて、話して、撃たれて、どうなる!?

福丸

最後適当すぎ。

あらすじだからこんな感じ!笑 じゃあ、もっと具体的なストーリーを話していくよ!

5分で分かるあらすじ(ネタバレ注意)

時は2007年イラク戦争が舞台の映画です。

イラク戦争でブッシュ大統領が勝利宣言し、無事終わりを迎えようとしていたとき

ある2人の男(アメリカ軍スナイパー:マッシュとアイザック)はイラクの砂漠にある石油パイプラインに任務のためいた。

 

どうやら何人ものアメリカ軍と連絡が途絶えてしまっていて派遣されていた・・・。

砂漠には何人もの死体が!

 

そこで2人はあることに気づく。

全員頭を撃ち抜かれているのだ!

2人はイラクの伝説のスナイパー”ジューバ”じゃないのかって冗談半分でこの時は言ってたんだよね・・・。

様子がおかしい・・・

 

派遣されてから20時間が経とうとしていた。なんの動きも気配もない。

そこで待ちくたびれたマッシュが一人で様子を見に行ったのだ。

 

すると・・・確かに全員が頭をスナイパーで打たれている。

と、思ったもの束の間マッシュが誰かに狙撃される。

 

急いでアイザックが助けに行くと、アイザックもまた打たれてしまった・・・。

マッシュは壁の手前に倒れて瀕死状態。アイザックはなんとか壁の向こう側に逃げたものの足を打たれてしまっている。

ここからアイザックはずっと壁の向こう側に避難しているよ!

誰が打ったのかは分からない。

気づいたら、水筒も無線機も撃ち抜かれている!

マッシュの応答もなく、死んでしまった模様。

 

そして、アイザックが誰がどこから打ったのかを探してようやく大体の位置がわかり・・・、

無線で助けを呼ぼうとしても繋がらない!

そして、しばらくすると無線から連絡が・・・と思ったが英語に訛りがある・・・相手のスパイパーからの言葉だった!

凄腕スナイパーで水筒も無線機も意図的に撃ったと言っているんだ・・・。

そして、会話をしているとアメリカ軍に生徒を殺された元学校の先生をしていた人だった。

しかも、相手のスナイパーは2人が冗談で予想したジューバだったんだよ!

そのスナイパーはずっとアイザックの場所を伺っていて、アイザックもジューバの場所を伺っている・・・つまり、心理戦になっていたのだ。

 

しばらく一触触発の状況が続いているとき、マッシュが生きていた!

 

近くに落ちていた鏡を使ってアイザックに信号を送った。アイザックは嬉しがった!

マッシュは手元にあったライフルで約1500m先の相手を狙っていた。

アイザックとマッシュはこれが最後のチャンスだと確信していた。

 

3発撃ったが、一つも当たらず・・・マッシュはジューバに頭を撃ち抜かれてしまった・・・。

 

諦めていたとき・・・ようやく無線で本部と連絡がついたのだ!

助かった!と確信していたアイザックは自分の名前を伝えるが・・・ジューバによって無線をコントロールされていた。つまり、本部と話しているのはジューバ。

終わった。

 

しかし、マッシュが使ったライフルが最後の最後のチャンスとして残っていた!

場所もある程度わかっていて、紐と木の棒を使ってなんとかライフルをゲット。

 

最後のチャンスでジューバに向かって狙撃・・・

しばらくして、動きがないため狙撃に成功した・・・と思い、アイザックは勇気を振り絞って死ぬ覚悟で立った。

 

それでもまだ打たれない・・・アイザックは無事にジューバを打ちぬくことに成功したのだ!

 

そして、救助のヘリがアイザックのことを迎えにきて無事に帰国しようと飛び上がった瞬間。

救助隊2名とヘリコプターパイロットがジューバによって撃ち殺されてしまい、そのままヘリコプターは墜落。アイザックも死んでしまった・・・。

福丸

え、なにそのストーリー。

他とはちょっと違った世界観の物語だった!

福丸

結局ジューバを倒せていなかったの?

うん。あえて撃たないでヘリコプターごと墜落させたんだよ・・・。

ザ・ウォールのここがすごい!ネタバレ感想。

ザ・ウォールを見ていて、他の映画にはない特徴的な部分をご紹介していきます。

映画約1時間30分の大半がアイザックとジューバとのやり取り

ジューバはアイザックと話しがしたいだけで、

「あえて殺さなかった。だが、夜には死ぬだろう。」

と言っていました。

 

その言葉の通り、水筒も無線も何もかもジューバの思いのままに撃ち抜かれていました。

 

 

僕の感覚だとこの映画は1時間以上は壁に寝っ転がってジューバとの話が続いていましたね。

福丸

確かにめちゃくちゃ長かったね。

好き嫌い別れるかも・・・

 ジューバが教師だったこと

 アイザックの身元などをジューバが聞いてくる

ジューバはアイザックと話しがしたいの一点張り。

他の映画にはない世界観でした!

最後までジューバの顔・姿が分からない

1時間30分ジューバの姿や顔が全く映らない映画はとても珍しいと思いました!

 

唯一わかるのは、”声”のみ。

スティーブン・スピルバーグのデビュー作品「激突!」に近い世界観。見えない恐怖を味わえるよ!

 

終始続く、不思議な恐怖感や謎が他の映画にはない唯一無二の魅力でした!

最後にわかったたくさんのアメリカ軍が撃ち抜かれていた理由

最後の謎解き恐怖がすごかったです!

答えを知ってゾクゾクする感じ・・・世にも奇妙な物語的な!

 

アメリカ軍の頭が全員撃ち抜かれていたのは、

アイザックと同じようにジューバが無線をコントロールしてアメリカ軍スナイパーを派遣させていたのです!

 

アイザックとマッシュもそのうちの2人。

ジューバはずっと同じ場所に身を潜め、様子を見に行ったアメリカ軍の頭を全員撃ち抜いていたのです・・・

わかって嬉しいけど、なんか続きを見たくなるというか・・・モヤモヤする。

福丸

確かにそれはある!

まとめ

 

結論として、ザ・ウォールの主役はジューバだったのかもしれませんね!

顔も身元もわからないかなりの凄腕スナイパー”ジューバ”とアメリカ軍スナイパー”マッシュとアイザック”の物語でした。

ほぼほぼアイザックがメインの映画!

 

ここまで不思議な世界観と謎がある映画は久しぶりだったので思わず記事を書いてしまいました!

 

一度見た人も物語だけ知りたかった人ももう一度ザ・ウォールを見てはいかがですか?

今なたプライムビデオで見れるよ!

福丸

最後まで読んでくれてありがと。

 

では、また・・・