インスタのストーリーをアーカイブに保存する方法は?

インスタでストーリーをよく載せる人は、時々過去のストーリーを見たくなる人もいると思います。今回は、ストーリーをアーカイブに保存する方法やメリットについて紹介します。

アーカイブに保存する方法

アーカイブとは、24時間で消えるストーリーを保存して残してくる機能のことです。そこに保存するやり方がいくつかありますので説明していきます。

アーカイブに保存する方法は3つあります。

1つ目

STEP.1
プロフィールから設定する場合

プロフィールを開いて、右上の

をタップします。
STEP.2
アーカイブを選択

次に上の

をタップします。

 

STEP.3
アーカイブに保存されている写真が表示

 

アーカイブの文字の右側「…」をタップします。そして「設定」もタップします。上のように写真が表示される人は、すでにアーカイブに保存する設定がオンになっているということです。

STEP.4
「アーカイブに保存」をオンにする

上のように、「アーカイブに保存」をオンにします。そうすれば、ステップ3のように過去のストーリーが自動的に保存されます。

 

2つ目

STEP.1
自分のストーリーから設定する場合

先ず、自分が乗せたストーリーを開いて、下から上にスワイプします。すると・・・

STEP.2
閲覧者が表示されます

左上の

をタップします。

※この写真には閲覧者はいませんが、実際ストーリーを載せて時間が経つと閲覧者が多くなります。

 

STEP.3
ストーリーズコントロールの画面が表示

上の画面が表示されたら、「アーカイブに保存」の部分を青色のオンにすれば完了です。

3つ目

STEP.1
プロフィールから設定

1つ目と同じようにプロフィールを開き、右上の

をタップします。
STEP.2
アーカイブを選択

1つ目と同様に

をタップします。
STEP.3
アーカイブをオンにする

アーカイブの保存設定がオフの人は、写真のように「アーカイブをオンにする」と表示されます。

STEP.4
ストーリーズコントロールが表示

あとは、「アーカイブに保存」をオンにすれば完了です。

 

アーカイブでは閲覧者(自分のストーリーを見た人)が見れなくなる

普段ストーリーを載せたら、誰が見たのか確認することができます。しかし、ストーリーは24時間で消えてしまいますので同時に閲覧者も消えてしまうということです。実際にどうなるのか見てみましょう。

STEP.1
プロフィールからアーカイブに飛ぶ

プロフィールを開いて右上の

をタップし、をタップすると上のように保存された写真や動画が表示されます。
STEP.2
写真または動画をタップします

写真が表示されたら、左下の

をタップします。すると・・・
STEP.3
閲覧者は誰もいない

このように閲覧者は消えてしまいます。もし、誰が見たのか知りたければ24時間以内に見ることですね

 

アーカイブに残しておくメリット

頻繁にストーリーを載せる人は、過去に自分が何を載せたのか気になって見返したくなる人もいるのではないでしょうか。そんな人がすぐに確認できるためにアーカイブの機能があると思います。

写真フォルダーからわざわざ見たくなったストーリーを探さなくても、インスタのアーカイブからならすぐに確認できるということだね

「カメラロールに保存」もオンにしておくと便利

ストーリーを保存する際、保存ボタンをタップして保存するケースが多いと思います。これから紹介するのは、ある設定をするだけで、自動的に保存できてしまいます。その方法を見ていきましょう。

STEP.1
ストーリーを載せる前の画面を開く

 

先ず、ストーリーを始める前のカメラ画面にして左上の

をタップします。
STEP.2
ストーリーズコントロールを表示

すると上の画面が表示され「カメラロールに保存」を選択します。これをすることで、今後ストーリーを載せたら自動的に保存されます。

 

まとめ

ストーリーをアーカイブに保存する様々な方法やメリットを紹介しました。保存方法を知ることで、ストーリーを載せた後も安心して写真・動画を見返ることができます。設定を変えたら自動的に保存されるという機能を知っていればとても便利ですね。みなさんも参考にして見てください。

コメントを残す