AppleWatchのおすすめアプリまとめ:100倍便利になる!

AppleWatch対応アプリをインストールするときに覚えておきたい3つのこと

1.”Appの自動インストール”が設定されていればiPhoneから入れたアプリが自動的にAppleWatchにもダウンロードされる

iPhoneで設定

  • 1.Watch>一般
  • 2.Appの自動インストール”オン”

iPhoneからAppleWatchにアプリを追加する方法がわからない人は参考にしてください。 AppstoreでAppleWatchに対応しているアプリの場合は”自動インストール”をオンにしておくことでiPhoneにインストールするだけ自動的にAppleWatchにも追加されます。

2.AppStoreでAppleWatch対応アプリの探し方

iPhone画面

  • “AppleWatchAppも提供”
    を押すと画面が観れる

iPhoneからアプリを探したいときはAppStore内でもAppleWatchに対応しているかどうか確認することができます。各アプリのプレビュー欄下部に”Apple Watch Appも提供”という表記があるとAppleWatchでも使えるアプリです。

3.AppleWatchだけで使いたい場合は”Watch”アプリでインストール

iPhone画面

  • Watch>Appstore
  • AppleWatch対応アプリだけ

AppleWatchに対応しているアプリだけを調べたい人はiPhoneのWatchアプリからAppStoreに飛ぶだけでAppleWatchに対応しているアプリだけを調べることができます。ちなみにここからアプリをインストールするとiPhoneにも自動的にインストールされます。

誰でも便利になる必須AppleWatchアプリ

LINE LINE

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

実際の画像→

AppleWatchを使っていて間違いなくAppleWatch画面で表示される回数が一番多いのがLINE。会議や仕事中などiPhoneを取り出すことができないときに手首を返すだけでメッセージが表示されるのは、めちゃくちゃ助かります。返信も”了解””ありがとう”レベルの簡単な返信とスタンプを返すことができるので、LINEの返信に気づかないということが間違いなくなくなります。

個人的にAppleWatchでLINEを使っていて、ありがたみを感じる場面は

  • 歩いている時
  • 運転している時
  • 座っている時

の3つです。iPhoneを取り出すのがめんどくさいときにAppleWatchでLINEを使っていて良かったなぁと実感します。

アラーム アラーム

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

実際の画像→

デフォルトでAppleWatchにもともと入っているアラームですが、正直iPhoneのアラームよりも目が覚めるようになりました。iPhoneのアラームは”音”で起こしてくれますがAppleWatchのアラームは”振動”で起こしてくれます。一見、音の方が起きやすいと思います(僕も思ってた)が・・・使ってみるとAppleWatchのアラームは誰かにトントン叩かれて起こされているような感じで、いつもパッと目が覚めてしまっています。

カレンダー カレンダー

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

実際の画像→

iPhoneやiPad、Macと相性がいいのがカレンダー。iCloudを利用することでAppleWatch以外のデバイスで入力した予定が何もしなくてもAppleWatchに追加されているので手首を返すだけで1ヶ月の予定がわかります。

文字盤にカレンダーを追加するといつでも予定に飛ぶことができるのでサラリーマンだけでなく予定がたくさん入っている人ほど便利!

Wallet Wallet

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

実際の画像→

Suicaなどの電子マネーカードやクレジットカードを追加することで財布がいらなくなる便利グッズ。僕はSuicaをAppleWatchに入れているんですが定期も一緒に入るので駅の改札で左手をかざすだけでいいので・・・ちょっとしたことですが、かなりスムーズに電車の乗り降りをすることができるようになります。

めんどくさがりな人ほどWalletは便利なアプリに感じますよ!

Apple Payを設定する(Apple公式サイト)

Music Music

使う頻度

必要性

手放せない

実際の画像→

きっとほとんどの人がもう使っていると思われますが・・・やっぱり音楽切り替えはAppleWatchを使って行うのがおすすめです。文字盤設定でMusicを入れておくと一発で開けるようになるので慣れてくると観なくても操作ができるようになります。

【Apple機種全て解説】iTunesの音楽シャッフルが解除できないとき対処法を写真付きでご紹介

Yahoo!乗換案内 Yahoo!乗換案内

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

電車を毎日のように決まった駅間で利用する人(主にサラリーマン)の乗り換え時間の確認はYahoo!乗換案内がおすすめです。一度登録(My時刻表に)しておくとAppleWatchでYahoo!乗り換え案内を開くだけで自分の登録した駅間の”直近の出発時間”がカウントダウン形式で表示されるのでいちいち調べる手間を省くことができます。

ただ毎日使う駅が違かったり、Yahoo!に登録したくない人にはおすすめできません。

TimeTree TimeTree

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

1人でのカレンダー管理ならデフォルトのカレンダーアプリで大丈夫ですが・・・サークルやバイト、友達と一緒にカレンダーを管理したい人はTimeTreeがおすすめ。予定1つ1つに友達やパートナーとチャットをすることができるので、LINEやメールを使わなくても予定に関することは全てこのアプリで完結します。

ただ毎回遊ぶ人が違かったりする場合はあんまり意味がないのでカップルで使うときにめっちゃ便利!

【カップル・夫婦】スケジュール共有アプリおすすめ厳選

Chirp for Twitter Chirp for Twitter

使う頻度

必要性

手放せない

実際の画像→

自分のツイッターアカウントのHOME(ツイッターのタイムライン画面)、Trending(流行っている注目のツイート)、Mentions(自分の@ユーザー名が含まれたツイートを表示)、Likes(自分がいいねしたツイート)、My Profile(自分のプロフィール画面)をAppleWatchですベて行うことができます。

使った感想としてはこれだけの機能が無料ならAppleWatchだけでTwitterができそう!と思うほどでした。ただツイートをすることはできないので見る専用です。

アメミル アメミル

使う頻度

必要性

手放せない

実際の画像→

AI(人工知能)を使った雨に関する情報を知ることができる天気アプリになります。AppleWatchでは現在地の場所と雨雲の状況を重ね合わせてみることができて13段の雨の強さを表示してくれるので一目で雨の状況を把握することができます。

また通知機能も付いていて1時間以内に雨が予想されたときは音声とレーザー動画で通知してくれるので天気アプリを見忘れる心配もいりません!使ってみましたが・・・天気に関するAppleWatch、iPhoneを使ったアプリの中では間違いなくアメミルが最強です。

手首の傾きでマップがズームして天気情報を直感的に教えてくれますし文字盤にアメミルを設定すると降水確率がすぐにわかります。

App in the Air App in the Air

使う頻度

必要性

手放せない

実際の画像→

飛行機での出張や旅行など利用回数が多くなればなるほどおすすめのアプリがApp in the Air。予約番号を入力するだけで自分の飛行機を登録することができてチェックインや乗降口の変更、離陸時間などの全て管理して手首に通知してくれます。

Sleep Cycle alarm clock Sleep Cycle alarm clock

使う頻度

必要性

手放せない

実際の画像→

デフォルトのアラームアプリを超える目覚ましアプリの中で最強だと感じたのがSleep Cycle alarm clock。AppleWatchでアラーム時刻を設定して開始するだけで睡眠統計(覚醒〜深い睡眠までの分布)やいびきをしていた時間、睡眠時間を全て計測してくれます。

なにより一番驚いたのが、アラーム設定時刻30分前〜アラーム設定時刻の間で一番眠りの浅い瞬間に起こしてくれるので快適に朝を迎えることができます。使ってみましたが、いつも深い眠りでうるさい音で起こされているのが嫌なほど実感しました・・・しっかり眠りの深さまで考えて起こしてくれるアプリは凄い!

運動・スポーツを快適にするおすすめAppleWatchアプリ

アクティビティ アクティビティ

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

実際の画像→

成果を見て楽しむよりも、過程を大切にしたい人におすすめなのがアクティビティ。毎日ムーブ、エクササイズ、スタンドに分かれてどれだけの時間3つの項目を達成したのかを毎日アクティビティで記録してくれて運動するという習慣付けるためのサポートをしてくれるイメージです。

  • スタンド:立ち上がり動き回った時間
  • ムーブ:消費したアクティブカロリー
  • エクササイズ:活発に運動した分数
をそれぞれ自動的に計測・記録してくれます。本格的に運動を始めようと思っていない人でも自分がどれくらい歩いていたりカロリーを消費しているのか?など数値として全て確認することができます。目標も立てることができて毎日達成するとリングが綺麗に光って褒めてくれるのが・・・嬉しい。

ワークアウト ワークアウト

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

明確な運動種目(ランニンング、ウォーキングなど)と明確な目標がある人におすすめなのがワークアウト。アクティビティと一緒にiPhoneのアクティビティアプリに履歴として保存されるんですが・・・ワークアウトは種目と行った時間を計測します。種目に関してもウォーキングからスイミングまで14種類以上の種目が用意されているので、トレーニングを行うために必要なものは全て準備してあります。

トレーニング時間、心拍数、消費カロリー、距離を計測してくれるのでトレーニングの目標(例:毎日1キロウォーキングするなど)がある人は腕につけるだけで記録してくれるのでかなりおすすめです!明確な目標が決まっていない人はアクティビティで毎日どれくらい運動したか計測するくらいがちょうどいいと思います。

心拍数 心拍数

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

運動で心拍数を管理するのはアスリートかもしれませんが・・・毎日の運動で心拍数をどれだけ上げるか?自分の平均はどれくらいなのか?今日はどれくらい疲れたのか?を参考にする資料として心拍数は有効です。個人的には緊張する場面などでどれくらい心拍数が上がっているのか確認する程度にしか使いませんが、ワークアウトを行なっているときは自動的に心拍数も計測されるのでそこまで心拍数アプリにこだわる心配はないかもしれません!

FiNC FiNC

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

男性・女性関わらず”ダイエット”を目的に運動を行いたいと考えている人におすすめのアプリがFiNCになります。AI(人工知能)キャラクターと一緒に毎日の歩いた歩数や食事量、体重、睡眠時間などを管理するアプリになります。

健康のためにスポーツや運動を行なっている人は間違いなくこのアプリで自分を管理するのが一番おすすめです。AppleWatchではキャラクターがLINEと同じようにメッセージで励ましてくれたりするので。なんだか・・・可愛げがあり自分だけの友達ができたような気持ちで一緒に頑張ろうと思えます!

しかも目標達成を続けてポイントを貯めるとそのポイントでアプリ内のダイエットアイテムやドリンクなどをもらえるという・・・ダイエットを頑張るだけで無料でご褒美まで付いてくる今までにない斬新なダイエットアプリ!

Runtrip Runtrip

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

  • iPhone画面

実際の画像→

運動=ランニング、ウォーキングという人におすすめのアプリがラントリップです。気持ちよくランニングやウォーキングを続けるためのコースが見つけるアプリでSNSとしての機能(おすすめのウォーキングコース紹介など)がある楽しく続けたい人にピッタリのアプリです。

AppleWatchでは今日歩いた・走ったコースを記憶してくれたり案内してくれるのはもちろん色々な人のコースを知りながら探検しているような気分になり、ランニングやウォーキングコース探しにはピッタリ!

Webgym Webgym

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

  • iPhone画面

実際の画像→

ジムに行きたいけど、お金がもったいなかったり時間がなくて悩んでいる人におすすめの家でできるジムアプリがWebgym。無料で使うこともできますが、しっかり鍛えたい人は月額180円コース(年額1950円コース)で課金をして始めたいアプリ。

動画を再生しながら動画の通りに家でエクササイズをしていきます。ただ・・・ジムのようにお金がかかっている焦りや誰かに見られているという焦りがあんまりない(一応交流場の機能はあります。)ので個人的には続きませんでした。

Zones Zones

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

  • iPhone画面

実際の画像→

ぶっちゃけワークアウトでよくね?と思う人も多いかもしれませんが・・・自分がどれだけ疲れているのかを常に計測しながら運動ができるZones。ただダンスや格闘技、車椅子などにもしっかり対応しているので自分の専門スポーツでのワークをすることができます。

無酸素(85~100%)、有酸素(75~85%)、脂肪燃焼(6-~75%)、ウォームアップ(0~60%)と色と数値で自分の疲れや現状を手首を傾けるだけで教えてくれるので長時間運動する人ほど便利なアプリ。心拍ゾーンが上がることに音とバイブで伝えてくれるので運動中に自分の体の状態を把握することができます。

Nike Run Club Nike Run Club

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

  • iPhone画面

実際の画像→

Musicアプリと連動して運動しながら音楽を変更することができる音楽聴きながら運動したい人におすすめのアプリ。音声ガイドがありプロのアスリートのアドバイスを耳で聴きながら運動をすることができます。12種類のランニングの種類と自分の目標に沿ったプランニングを自動的に調節してくれる優れものでランニンングというポイントでは間違いなく他のアプリよりも特化しています。

ランニング中はオートポーズ(信号待ちなど止まると自動で記録もストップしてくれる)や1キロのペースと経過時間の音声ガイダンスの元でiPhone画面をわざわざ見なくてもランニングを楽しむことができます。またランニングを行ったコースは終了後にGPSを元にコースとスピード変化を記録してくれるので、ランニングを続ける人ほど便利な機能です!

仕事効率を爆上げしてくれるおすすめAppleWatchアプリ

リマインダー リマインダー

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

タスク(作業)管理をするときに使いたいアプリを探している人は・・・無理に他のアプリを探さなくてもデフォルトで入っているリマインダーアプリでぶっちゃけ大丈夫。タスクの時間設定や優先順位をつけることができるので最低限のタスク管理機能は付いています。

一番便利だと感じたのは他のデバイス(iPhone、iPad、Mac)とiCloud同期をすることでタスクが他のデバイスで追加した場合でも、自分のデバイス全てにタスクが自動追加されるのでAppleWatchでタスク確認したい人にとったら便利です。さらに通知でタスクを管理することができるので無理に頭の中で記憶しなくてもしっかり通知で教えてくれますよ!

ToDoアプリおすすめまとめ

深呼吸 深呼吸

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

深呼吸アプリは特に仕事に追われていて休憩を取るタイミングや時間がわからない人ほど使って欲しい作業効率アップというよりも自分の体も心も休ませてくれるアプリになります。1~5分間自分の指定した長さで深呼吸をするアプリですが、バイブで息を吸うタイミングと吐くタイミングを教えてくれるので画面を見なくても正しい深呼吸をすることができます。

呼吸リマインダーで指定した時間ごとに深呼吸をするように通知してくれるんですが、働いている人は1時間に1度深呼吸するのがおすすめ!深呼吸した後はiPhoneのヘルスケアアプリ>マインドフルネスで自分がどれだけ心を落ち着かせる時間に使ったかを確認することができます。

疲れを感じている人は騙されたと思って深呼吸を頻繁に行うだけでも作業効率アップ+集中力向上につながりますよ!

Bear Bear

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

実はAppleWatchにはiPhoneにあるメモアプリがなく・・・ちょっとした考えや教えなどをすぐにメモをするアプリがデフォルトで入っていません。そこでおすすめなのがBear。音声入力でいつでもすぐに入力することができて多少の雑音が入っているくらいなら間違うことなく正確にメモをして残してくれます。

iPhoneとの同期も完璧なのでAppleWatchで入力したメモをiPhoneで、iPhoneで入力したメモをAppleWatchで確認することができます。

Spark Spark

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

Notebook Notebook

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

Bearよりもガッツリメモをしたい人におすすめなのがNotebookでジャンル別(仕事、プライベートなど)でメモを管理して整理をしておきたい人におすすめのアプリになります。どちらかというとその場で忘れないようなメモが欲しい人はBear、全てのメモ管理をアプリで行いたい人がNotebookを使っているイメージ。

AppleWatchではタスク管理も行うことができるのでToDoとメモを兼ね備えたアプリと考えてもらえば大丈夫です!

Noted Noted

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

会議や会話などをメモとして残しておきたい人におすすめのアプリがNoted。忘れがちな会議の内容などを全てNotedで”音”としてメモをすることができて#(タグ)をクリックすればその時間に付箋を貼るように会話のテーマを後でメモをすることができます。

Elk Elk

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

海外出張が多い人は間違いなく入れておいたほうがいいアプリでドルや円だけでなく世界中の通貨を日本円で計算できるアプリになります。まぁこれは使う人はめちゃくちゃ使うし海外に行かない人はほとんど使わないでしょう。

Focus Focus

使う頻度

必要性

手放せない

  • AppleWatch画面

  • iPhone画面

実際の画像→

仕事や勉強の時間管理を行いたい人におすすめのアプリでセッションごとにワークと休憩時間を管理してくれます。全て自分のペースで行いたい人は使う必要がありませんが・・・どうしても自分だけだと甘えてしまいiPhoneをいじったり、ゲームに走ったり・・・集中力が足りないと実感している人はこのアプリで時間管理をしましょう。

息抜きの完全マニュアル:おすすめ方法は?時間は?頻度は?全て教えます。