【C-PLフィルター】後悔しない選び方とおすすめメーカーの値段がお得な4選!

スポンサーリンク


更新日:2018年2月7日

 

C-PLフィルターを使いだしてからインスタグラムのフォロワーが増えていたシャルンと

福丸
福丸です♪

 

 

「カメラを初めて間もない方や,購入したばかりでC-PLフィルターをどれにすればいいか分からない・・・」

「C-PLフィルターってどれも同じ効果なんでしょ?どれでもいいじゃん・・・」

 

なんて私カメラを買って間もない頃によく言っていました。

そして,私はAmazonで適当に購入してしまい非常に後悔しています...

 

「ここまでC-PLフィルターって違うのか!もっとしっかり勉強して選んだ方がいい!」ってね!

 

後悔した私だから分かる!本当のC-PLフィルターの選び方をしてもらうために

多くの人にこの記事を読んでいただきたいです。

 

そこで今回は,

C-PLフィルターは購入する時にどんなところに注目して選べばいいのか,

分からない人に向けておすすめメーカーのC-PLフィルター

をご紹介していきたいと思います。

 

C-PLフィルターの後悔しないための選び方

C-PLフィルターを適当に選んで後悔している人はたくさんいます...

あなたがそうならないために知っておきたいC-PLフィルターの3つの項目を頭に入れておいて下さい!

メーカーごとに商品の質が変わる

C-PLフィルターを作るメーカーは,商品を見る限りそれぞれのコンセプトが違いますね...

 

”高品質”のC-PLフィルターを作るメーカー

”コスパ”の良いC-PLフィルターをカメラ初心者に向けて作るメーカー

”最安値”の商品を売るメーカー

 

それぞれメーカーの考えは変わってきます...

私が後悔したのは,最安値のC-PLフィルターを買ってしまいました...

すると,ほとんど効果がなくとっても後悔しました。

 

そんな私がオススメするのは,

”5000円から15000円”の間のC-PLフィルターを使うことがオススメです。

 

5000円から15000円の値段は,大体値段が上がるにつれて効果も比例して高くなります。

 

しかし,それ以上の値段になってしまうと自分の好みだったりこだわりが強い人に向けた商品が多いんです...

 

なので,C-PLフィルターを使って写真を撮りたい,今のC-PLフィルターよりも良いC-PLフィルターを使いたいと思っている人は

5000円から15000円のC-PLフィルターを使うのが良いと思います。おすすめのC-PLフィルターは後で紹介します。

 

クリーニングクロスは絶対にメーカーと同じ物を使う

よくレンズを拭く時に,

洋服の端っこで拭いたり家にあるあまったクリーニングクロスを使って掃除する人が

多いのですが,もしかしたら傷つける原因になりかねませんよ?

 

困った方は,C-PLフィルターにクリーニングクロスの付いている・付随しているC-PLフィルターを

お選びください。

そうすること同じメーカーで作られたもの同士なので痛むことがありません。

 

フィルターが暗すぎない

出来るだけC-PLフィルターはフィルターが暗すぎない物を選ぶのがいいです。

 

C-PLフィルターが暗すぎる・黒すぎると

写真撮影の時に影響が出てしまいます・・・

 

C-PLフィルターが暗すぎる・黒すぎるとどうしてもシャッタースピードが長くなってしまい,

手ぶれを起こして写真が台無しになってしまう場合があります・・・

 

それは出来るだけ避けた方がいいですし,

出来るだけ画質良い写真を撮るためにも

C-PLフィルターはフィルター部分が暗すぎない・黒すぎないものを選んでください。

 

私も安い黒いもので写真を撮っていた時は,

とても不便で効率が悪かったので出来るだけ明るく写真に影響が出ないようなものを選ぶようにしています。

 

愛用しているレンズのフィルター径を知る方法

C-PLフィルターを買ったはいいものの,

 

自分のレンズに大きさが合わない!なんて言ったら大変ですよね・・・

なので,しっかり使うレンズのフィルター径を知っておきましょう!あと大きさによって値段も違うので注意です!

 

これはレンズに書いてあります。

こちらはNikonのレンズなんですが,どこのメーカーでもレンズに「〇〇φ」という表記が書いてあります。

この場合フィルター径〇〇mmということになります。

上の写真の場合のフィルター径は52mmということになります。

Nikonのレンズの場合はレンズの下に書いてあります。

正しい使い方と間違った使い方

C-PLフィルターは太陽に対して真正面の場合,効果がありません。

 

つまり,順光と逆光の場合ですね!

 

逆に太陽に対して90°のときに一番効果を発揮してくれます。

 

図を使って説明すると・・・

太陽に対して,順光・逆光の場合

このような使い方で写真を撮ると,ほとんど効果がゼロに近いです・・・

 

太陽に対して90°

太陽に対して90°で写真を撮るとき,光の反射を最大限抑えてくれます!

 

おすすめメーカーの値段がお得なC-PLフィルター

それでは,C-PLフィルターをお探しの方におすすめしたいC-PLフィルターをご紹介していきます。

MARUMI

C-PLフィルターとしての機能はもちろんのこと,

他のC-PLフィルターよりも明るいためしっかりとピントが合わせやすい,写真があまり暗くならないのも特徴です。
MARUMI PLフィルター EXUS サーキュラーPL 77mm コントラスト上昇・反射除去用 092135
このように他の安いC-PLフィルターよりも明るいです。

 

フレアやゴーストに強い”新低反射枠”を採用していることで快晴日に

C-PLフィルターを使って写真を撮った時のフレアやゴーストをしっかりと抑えてくれるフィルターです。

POINT 他のC-PLフィルターよりも明るく写真に影響出にくい
 低反射0.6%とほとんど光を反射しないので本来の色味が出る
 デジタルカメラグランプリ金賞受賞

HAKUBA

薄型のフィルターなのに性能も高いとっても理想的なC-PLフィルターです。

他にはない,最新の薄膜設計でケラレがほとんどない広い範囲を撮影するのに適した薄いフィルター設計になっています。


引用:Amazonより

POINT フィルターの厚さが5.4mmとケレラの少ない広い範囲に対応している
 低反射0.6%なので本来の美しい色が実現
 コスパが良い

Kenko C-PL+プロテクターのセット

C-PLフィルターを一度使ってみたい人にはぜひオススメしたいセット。

C-PLフィルターとしての質はそこまで高いとは言えませんが,
普通のフィルターもセットで付いてくるのでカメラ初心者の人はこれで十分!

POINT 反射1%
 しっかり質の高い写真を撮りたい人には少し物足りないかも
 お得なセット

Kenko

一番人気のこちらのC-PLフィルター。

”ワイドバンド1/4λ位相差板”を採用することにより,デジタル一眼レフとの光の不一致によりファインダー画像の色ズレを無くし自分の目で見る本来の色を実現してくれます。


引用:Amazonより

他にはない”ワイドバンド1/4λ位相差板”の効果によって,このように見違えるほどの写真を撮ることが出来ます。

POINT 一番人気のC-PLフィルター
 ワイドバンド1/4λ位相差板を採用でより本来の色を実現できる
 フィルターが明るい分写真に影響が出にくい

まとめ

 

今回はC-PLフィルターの選び方と私がおすすめするC-PLフィルターをご紹介しました。

 

フィルター1つで写真の出来もまったく変わってきてしまうので,
ぜひ自分に合った良い物を使って下さい!

 

では,また・・・

スポンサーリンク